釣り人的「ひと手間」レシピ:アオリイカの刺し身 一度冷凍がキモ?

釣り人的「ひと手間」レシピ:アオリイカの刺し身 一度冷凍がキモ?

ルアー釣りファンに大人気のアオリイカ。タイミングが合えば堤防からも手軽に釣れるうえ、調理もラク。ただ、サイズが大きくなるにつれて、「硬くて食べにくい」。そこで今回は裏ワザを使った「アオリイカの刺し身」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

持ち帰り方

まずは、釣れたアオリイカを専用のフォーク(金属製のイカ絞め)を使って絞める。動かなくなった時点で、ジッパー付きのビニール袋などに入れてクーラーに納める。この時、イカ墨でクーラーが汚れないよう袋は二重にしておこう。

そのままの状態で冷凍

持ち帰ったイカをクーラーから取り出し、そのままの状態で冷凍する。ここがうまみをしっかり閉じ込めるコツだ。

大半の人がワタやフネ(軟骨・甲)を取るなどの下処理をして冷凍するが、これでは水っぽくなる。釣れたままの状態で冷凍することで、うまみを逃さないだけでなく、身(イカ)の繊維がほぐれ、軟らかくなることも覚えておこう。

釣り人的「ひと手間」レシピ:アオリイカの刺し身 一度冷凍がキモ?そのまま冷凍するのがミソ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

食べごろは

食べごろになるのは3~4日後からで、イカの繊維がほぐれるタイミングと言われる。これ以降は、おおむね3か月くらいは味が落ちず、おいしく食べられる。

冷蔵室内でゆっくり解凍

次に冷凍したイカの解凍。ここも大事で、水やレンジを使って急速に解凍するよりも、冷蔵室内でゆっくり戻したほうが断然おいしい。さばく直前は半氷の状態がベストだ。

イカをさばく

解凍したイカをさばく時は、半氷のまま水洗いする。これにより、イカに着いたシャーベット状の氷が身にまとわり付き、墨だけでなく、滑りまで落ちる。同時に薄皮も剥いでおこう。

刺し身にする

下処理を済ませたイカは部位ごとに切り分ける。耳、胴、目の周り、下足の4つ。

釣り人的「ひと手間」レシピ:アオリイカの刺し身 一度冷凍がキモ?部位ごとに分ける(提供:TSURINEWSライター松田正記)

胴は横向きに寝かせて3等分にする。イカの繊維は横に入っているので、3等分にしたものを縦に切っていくことで、繊維がほどよく切れて軟らかい食感になる。

釣り人的「ひと手間」レシピ:アオリイカの刺し身 一度冷凍がキモ?3等分してから縦に切る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

目の周りと下足は軟らかいので、ぶつ切りに。

釣り人的「ひと手間」レシピ:アオリイカの刺し身 一度冷凍がキモ?目の周りと足はぶつ切りに(提供:TSURINEWSライター松田正記)

耳は身の中で最も硬い部位なので、細切りにするといい。

釣り人的「ひと手間」レシピ:アオリイカの刺し身 一度冷凍がキモ?硬い耳は細切りに(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページで保存の目安を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。