冬の陸っぱりフカセ釣りの「アルアル」3選 まきエサ解凍時間にご注意を

冬の陸っぱりフカセ釣りの「アルアル」3選 まきエサ解凍時間にご注意を

冬の釣りは寒いし風も冷たいししんどい。でも大型の本命が釣れるならば間違いなく好機。というわけで、今回は冬の陸っぱりフカセ釣りにおける「アルアル」を3つ紹介してみよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

冬はフカセ釣りの季節

冬はフカセ釣りが強みを最大限発揮する季節で、低水温で魚が食い渋りを起こしてもエサを食い込ませてヒットまで持ち込めます。また、寒さに耐性のある大型魚が狙いやすい季節でもあり、数少ないアタリをとらえて手にした大物は格別の重量感です。

さらに、水温低下でエサ取りが少ないメリットもあります。夏から秋のような大量のエサ取りに意識を向ける必要がなくなるので本命狙いに集中しやすく、アタリが出たらほとんどが本命という場面も多いです。

寒さと風は厄介

一方、冬のフカセ釣りには大変な一面も。厳寒期のフカセ釣りは強い冷え込みに耐えながらサオを出すこともしばしば。朝は特に冷え込むので防寒着はフル装備です。厳しい冷え込みに加えて風が吹いている場合には体感温度がさらに低くなります。厳寒期は気温よりも海水温の方が高く手を浸すとぬるく感じるほどです。

冬の陸っぱりフカセ釣りの「アルアル」3選 まきエサ解凍時間にご注意を気温より海水温の方が高い(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

季節風

冬は寒さのほか強い季節風にも悩まされます。特に、低気圧が通過した後の数日間は西高東低の気圧配置の影響で天気がよくても西寄りの強風が吹き荒れて釣りにならないことも。

強風はフカセ釣りの天敵で、仕掛けが浮き上がるばかりか操作もままなりません。釣り場選びも風に強い場所や風裏に限定されてしまいます。

次のページはで「あるある」3選を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。