ダイソー商品で『ファイティングパッド』を自作 材料費はたったの220円

ダイソー商品で『ファイティングパッド』を自作 材料費はたったの220円

ジギングなどでの力強いファイト中、太腿や下腹部にグリップエンドを押し当ててのやりとりは痛いし痣になる。でも、ギンバルまではちょっと……という方にオススメの、ファイティングパッドの作り方をご紹介します。製作費はワンコイン以下!腰巻きタイプのライフジャケットに取り付け可能です!

(アイキャッチ画像提供:上天草市釣りライター塩塚ルミ)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ファイティングパッドの役割

ファイティングパッドとはジギングやキャスティングゲームでの大型魚とのファイトに役立つアイテムです。ロッドがズレにくくなることでやりとりがしやすく、余計な力が不要なうえ、グリップエンドを当てる腹部や太腿への痛みを和らげてくれます。

ダイソー商品で『ファイティングパッド』を自作 材料費はたったの220円自作のファイティングパッド(提供:上天草市釣りライター塩塚ルミ)

ギンバルとの違いは?

ギンバルの受け皿部分は硬い素材でできている物が多く、ベルト部分で腰をホールドしてくれるタイプもあり、ファイト時の快適性は高いです。一方、大きくて目立つアイテムなので、明らかな大物狙いでないと使うのが恥ずかしいと思うアングラーも多いのでは?

ファイティングパッドは、ギンバルに比べ小型で、腰巻きタイプのライフジャケットやフィッシングベルトにプラスして使うアイテムです。小ぶりなサイズ感なので、ギンバルを使うことに躊躇してしまうアングラーも、カスタマイズ感覚で気軽に取り入れてみてください。

ダイソー商品で『ファイティングパッド』を自作 材料費はたったの220円ギンバルはちょっと大げさ?(提供:上天草市釣りライター塩塚ルミ)

市販品の値段相場

メーカー品のファイティングパッドは、おおよその平均で3,000円前後です。高価ではないけれど、ちょっとしたアイテムだからもう少しお安く済ませたいところ。何かで代用できそうな気も…。ということで、自作してみました!

材料と費用

必要な物は、100円ショップ『ダイソー』のケースとクッション材の2つのみです。

ダイソー商品で『ファイティングパッド』を自作 材料費はたったの220円使用したケースとクッション(提供:上天草市釣りライター塩塚ルミ)

1、モバイルケース(ベルトループ付き)

スマホ関連コーナーで見つけました。ループ付き、これは使える!

2、折りたたみ携帯マット

こちらはレジャー用品コーナーにありました。サイズ34cm×26cm×1cmです。

材料費

自作するとわずか220円。メーカー品を買わずに自作すると、浮いたお金でルアーが何個か買えちゃいますね。

次のページでいよいよ制作手順を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。