エステルラインの交換時期 【巻きかえタイミング・コスパを解説】

エステルラインの交換時期 【巻きかえタイミング・コスパを解説】

エステルラインは強度が低いのが難点です。バックラッシュで高切れすることもあり、満タンで巻いてもみるみるうちに痩せてきたりと、基本的に消耗品と考えた方がいいでしょう。では、そんなエステルラインの交換時期はいつか?またPEラインと比べたコストパフォーマンスについても紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

エステルラインは消耗品

エステルラインはポリエステル素材のラインで、スーパーマーケットでもらう(というか今は「買う」)ビニール袋と材質的にかなり近いところにあります。釣りイトとして使えるレベルに持ってこようとすると、伸びや強度がかなり落ちてしまい、ちょっとした負荷でぷちぷちと切れてしまうのが難しいところです。

バックラッシュしやすいのも欠点で、新品の状態で張ったラインが1ヶ月でダメになってしまうこともよくあります。現に筆者はこの2週間ほどで150m巻きしたラインをすべてダメにしました。今は新品に張りなおしましたが、そういうエステルラインの性格はよくわかっているので、最初から消耗品と考えて割り切って使っています。

エステルラインの交換時期 【巻きかえタイミング・コスパを解説】下巻きが見え始めたスプール(提供:TSURINEWSライター井上海生)

交換時期は早めに

エステルラインの交換時期は、やはりバックラッシュや魚にずるっとラインを持っていかれた高切れなどのトラブルで、下巻きやスプールの地が見えてきたときです。「まだ大丈夫かな?」と思っていると、次の釣行ですぐにバックラしてしまって、ストップフィッシングとなることも。

交換時期は早め早めをおすすめしますが、まあ、目処として、ぎりぎり、痩せてきても下巻きが少し見えている状態ならまだ2回くらいは使えます。私も先日かなりバックラでラインをダメにしましたが、それでも1釣行は保ったし、また新品に張りなおすときに手で古いラインをスプールから巻き取っていくと、感覚的に50m~60m程度ありました。

それでも早め、早めにこしたことはありません。

10mずつカット

アジングは基本的に夕方から夜という光量の少ない時間のゲームです。しかしデイアジングで日中に釣りをする場合は、エステルの紫外線劣化を考えておいた方がいいでしょう。筆者も先日一度泉南のものすごく気持ちよい秋晴れの中で釣りをしてきたのですが、そのあとの夜のアジングでは0.2号のエステルラインが経験したこともないところで急に切れたりして驚きました。

釣行回数が多い方や、デイアジング中心の方は、釣行ごとに10mずつカットするのが望ましいといわれます。参考にしてください。キャスト切れ、アワセ切れが多発する場合も、釣り場で10mくらいカットすると改善されますよ。

エステルラインの交換時期 【巻きかえタイミング・コスパを解説】バックラしたらすぐカット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページでは以外に高くつく年間コストを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。