今週のヘラブナ推薦釣り場【群馬県・三名湖】

今週のヘラブナ推薦釣り場【群馬県・三名湖】

群馬県藤岡市にある三名湖が、いい意味で異様な光景となっている。工事による大減水で水面積が狭まったことで魚が高密度化して、真冬とは思えないほどの釣れっぷりを見せているのだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

三名湖の概況

底がとれるポイントも増大し、底釣りファンにはまたとないチャンスと言えるだろう。もちろん、これまでどおり宙釣りも好調なので、今期の納竿・初釣りは大釣りの期待大かも。

今週のヘラブナ推薦釣り場【群馬県・三名湖】概況図(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

例年よりも数は減らしたものの、今年も新ベラ放流が行われた。工事による大減水により水域が狭まったことで、魚の密度が増して「厳寒期・減水=食い渋り」の図式になっていないところが面白い。取材時は見る見るうちに水位が下がっていたにも関わらず、魚の活性はすこぶる上々だった。

これから年末にかけて、さらに水位が下がり12月17日から3週間程度、大手張桟橋が使用不可となり、大土手桟橋先の一の入江階段も渡れなくなる。また新たな変更も出てくる可能性があるので、釣行前に光月の公式HPや電話でチェックしよう。

ポイント

三名湖のポイントを紹介しよう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【群馬県・三名湖】エン堤から水神方面を見る(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

桟橋

これまで考えられないほど、短竿で底がとれるようになっている。場所によっては、浅すぎて釣りにならないかもしれない。だが地形が露出しているので、傾斜や底の状態を把握するには最高のタイミングとも言える。スマホなどで写真を撮って残しておくといいだろう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【群馬県・三名湖】底釣りで狙う(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

かつてないほどの減水中だが、底釣りファンにとってはむしろ好都合だろう。とくに底釣りポイントに乏しい舟釣りでも底がとれる範囲が拡大しているので、未知のポイントを狙える面白さがある。

大幅な減水のため、上流筋や各ワンド奥は見切って、中央ロープの本湖方面がおもなポイントとなるだろう。なお6m減水時点で、中央ロープの水神前だと竿30尺で底がとれたことを書き添えておこう。

次のページで三名湖の釣り方とエサを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。