タイラバゲームでヒレピンマダイ多数キャッチ ラストにはブリも顔出し

タイラバゲームでヒレピンマダイ多数キャッチ ラストにはブリも顔出し

季節風が吹く12月、三重県鳥羽市小浜から出船しているタイラバ船の丸安丸に釣行した。ヒレピンマダイが多数にブリも上がった当日の釣りをリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

丸安丸でタイラバ

12月9日は週刊つりニュースAPCの出口さんを含め、4人の乗合だ。私は鳥羽方面でのタイラバは初めてで、どんな感じになるのか楽しみだ。

タイラバゲームでヒレピンマダイ多数キャッチ ラストにはブリも顔出しタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

午前6時すぎに到着。船長にあいさつをして、釣り支度を済ませる。そして午前7時ごろに出船。ポイントまでは20分ほどで到着。水深は40mほどで、タイラバは桜幻鯛ラバーQ2の80gでスタートした。

タイラバゲームでヒレピンマダイ多数キャッチ ラストにはブリも顔出し当日使用したタイラバ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

底までタイラバを沈めて、ゆっくりリールを10回転ほど巻き、再びタイラバを海底まで沈めてリールを10回転ほど巻く。だが80gのタイラバでは、強風と潮の流れが速く底取りしにくい。100gに付け替えると底取りはしやすくなったが、肝心のアタリがない。

本命アタリ連発&マハタ登場

そこで船は風裏のポイントに移動した。こちらは水深20mほどなので、タイラバを60gにチェンジした。風で船が適度に流れて、釣れそうないい感じだ。

ファーストヒットはタイラバ初挑戦の飯田さん。色鮮やかできれいな30cmほどのマダイを釣り上げた。すると私にもコンコンとアタリ。だが乗らない。そのままリールを巻き続けると、ガツーン!乗った!小型だったが、マダイを釣り上げ、ホッとひと安心だ。

さらに出口さんにヒット。おいしいサイズのマハタを釣り上げた。さらに飯田さんはマダイを連続で釣り上げている。私にもアタリが連発し、小型ながらマダイがヒットする。

タイラバゲームでヒレピンマダイ多数キャッチ ラストにはブリも顔出しおいしいマハタ登場(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

40cmクラス手中

中には小さいのも交じってくるので、「大きくなって釣れてね~」とリリース。するとタイラバがフォール中に止まった。もう底?と巻き始めるとドラグがジジーッと鳴る。フォール中に食っていたようだ。

これは重みがある。サオをたたくような引きでドキドキしながらリールを巻くと、40cmクラスの良型が姿を現した。グリーンのネクタイが効果的なようで、ノリに似た色が効くのではとのこと。

タイラバゲームでヒレピンマダイ多数キャッチ ラストにはブリも顔出しサイズアップ成功(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

当日最大サイズ浮上

午前10時に潮止まりになり、風も落ち着いてきたので朝一番のポイントに戻る。するとすぐに船長にヒット。こちらもサイズが良さそうだ。上がってきたのは50cmクラスの良型。私たちもサイズアップを目指してタイラバを巻く。

タイラバゲームでヒレピンマダイ多数キャッチ ラストにはブリも顔出し当日最大の50cmクラス(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

返しの潮が流れ始め、巻いているタイラバが重く感じるようになってきた。船長がタイラバのネクタイの色をトラ柄に変える。すると、すぐに船長にヒット。これはバラしてしまったが、それをまねて飯田さんもスカートをトラ柄に変えると、速攻でアタリが出てマダイを釣り上げた。

その後、アタリが出始め、船長と飯田さんに次々ヒット。活性が上がってきた。私も気合を入れてリールを巻くが、アタリがない。飯田さんは良型のマダイを連発させている。

次のページでラストにドラマが!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。