コマセマダイ釣りで船中トップ3尾 タナのイメージと誘いが重要

コマセマダイ釣りで船中トップ3尾 タナのイメージと誘いが重要

内房勝山の庄幸丸からコマセマダイ釣りへ。仕掛けに工夫し、最後に小型ながら本命をキャッチした釣行の模様をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

庄幸丸でコマセマダイ

12月15日(水)、出船時間の30分前までに8人が集まって、各々釣り座でタックルの準備。6時すぎに港をあとにする。

コマセマダイ釣りで船中トップ3尾 タナのイメージと誘いが重要三段引きを味わいに期待の出船(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

阿部さんの仕掛けは、天ビンが「ハイブリッド天秤 弓」に、新発売の「ワンタッチ缶FL」の80号を使用。ハリスは青物に備え、少し太めの4号10m。天ビンは形状記憶線のしなやかさで付けエサを不要に跳ねさせず、違和感なく食い込ませることができる。また、ビシはコマセ釣りの主流となったFLサイズで、オキアミを理想的にポロポロと放出。

まずはイナダをゲット

指示ダナ下から、複数回、軽くシャクりながら、筒状のコマセ帯を作るイメージで指示ダナまで上げてアタリを待つ。

真沖のポイントに到着すると船長から「タナ18m、25mから誘い上げてきて」とアナウンス。さらに、「コマセは点ではなく線でまくこと。手返しよく誘う人のほうが、自ずと釣果に表れるからね」と付けくわえる。

ここでは、左舷ミヨシで小型のマダイほか、船中数尾イナダがヒット。阿部さんにもアタって、同じ魚を抜き上げる。

本命マダイ登場

しばらくして、タナ78mの深場へ移動。その1投目に左舷胴の間の糸井さんにアタリ。ムーチングロッドを断続的に引き込む様子から本命の予感。目測2kgの奇麗なマダイが円を描きながら上がってきた。「誘い上げたあと、ゆっくり下げ誘いを行ったらグンっときました」とコメント。アユ釣りシーズン以外はマダイとカワハギ釣りと話す。

コマセマダイ釣りで船中トップ3尾 タナのイメージと誘いが重要本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

8時に同サイズを追加すると、右舷ミヨシの設楽さんも竿を曲げて1.5kg超をタモ取り。こちらは、同船宿でマダイしかやらないというベテラン。左舷ではメダイが食ってきた。

コマセマダイ釣りで船中トップ3尾 タナのイメージと誘いが重要マダイ釣りオンリーのベテラン(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

次のページは誘いの技で続釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。