今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・大落古利根川】

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・大落古利根川】

本格的な冬将軍の到来とともに面白くなるのが、埼玉県宮代町~春日部市を流れる大落古利根川だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・中村直樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

釣り方とエサ

強い流れをともなうので、ドボン釣りがメイン。中・外通しオモリは、好みでいい。日によって流れの強弱は変わるが、オモリは1~3号まで用意しておこう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・大落古利根川】中通し・タックル図(作図:週刊へらニュース APC・中村直樹)

釣れるのは尺1寸~尺2寸の良型が主体で、時には40cmクラスも顔を見せる。そのため仕掛けは太めがよく、道糸1.2~1.5号、ハリス0.6~0.8号で長さは30~40cm。ハリは軸のしっかりしたタイプで、『ダンゴ鈎』か『重沈鈎』なら4~6号。

ウキはカンザシタイプが望ましいが、なければ浮力のあるもの。シモって釣りにならない時は、フロートを装着して浮力を足すのもありだ。

エサは両グルテンかグルテンセット。グルテンは『アルファ21』や『へらグルテンLL』など、繊維質の強い銘柄のエサを必ず混ぜるように。バラケにはエサ持ちのいい『ダンゴの底釣り芯華』の使い勝手がいい。

釣り方のコツとしては、流されないことが絶対条件。日によっては、竿先が曲がるほど流れが強い時がある。それでもエサが止まっていれば、アタリはもらえる。時には強烈と思えるくらいの対応が必要だ。

オモリが丸いと流されやすくなるので、常連のなかには通しオモリを削って平たくしている人も。板オモリを用いた中通しの際は、平たく巻いて(平坦な面を作る)対応するのも効果的だ。

<週刊へらニュース APC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大落古利根川
入釣料:¥400(現場徴収)、釣り台必携。
問い合わせ:埼玉東部漁協 TEL=048(985)1099
この記事は『週刊へらニュース』2021年12月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。