漁港アジングで25cm頭にアジ&サバ好打 ボトムのダートアクションが吉

漁港アジングで25cm頭にアジ&サバ好打 ボトムのダートアクションが吉

アジが回遊してきた大阪南港。この日は気象・潮回りともに絶好の条件が揃っていた。取る分も取れた釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の釣りの状況

海は中潮の上げ、夕方からエントリーして2時間釣行。20時くらいに潮がストップするような場所なので、そこまでで食いが立つだろうと考えた。釣り場に到着すると、風もほぼまったくなく、潮がいい感じに動いている。

漁港アジングで25cm頭にアジ&サバ好打 ボトムのダートアクションが吉サバ優勢の海(提供:TSURINEWSライター井上海生)

しかしこの日はどうにもサバ優勢。まだサバと混泳するか、サバなんて夏の魚じゃないのかと思うが、まあ粛々と釣っていく。一時期のショートバイトが乗せられなかったのが不思議なくらい、サバも掛かって釣りきることができる。活性が高いのと、あとはサイズがいいからだろうか?

豆アジスタート尺級バラシ

スタートは豆アジだった。

漁港アジングで25cm頭にアジ&サバ好打 ボトムのダートアクションが吉豆アジスタート(提供:TSURINEWSライター井上海生)

15cmを1尾釣って、やはり1.5g級の重いリグがいいみたいだとフィードバック。かなり夜行性の高いワームの1.5inchを放っていると、潮のよれで食った。さっきの豆アジのドラグでは滑り倒す。よく引くので追いアワセ。1分くらいかかっても浮いてきた魚体、足場5mから見下ろして推定尺近い。

足元まで寄せて抜き上げようとしてもイトが滑る。ドラグをちょい締めしたところでスンッと手元から感触が抜け、バテきったアジがゆっくりと魚体を翻しながら水中に戻っていった。痛恨のバラシ。

もうサイズのことはいいと思おうとした。しかしやっぱり、あれだけ泳がせてバラしたからにはプレッシャーがかかる。まったくアジが食ってこなくなった。サバのアタリだけはかすかに続くので、あるいは、大型魚の捕食のスイッチが入ったのかもしれない。アジは釣られてくるときに、水中で独自の波長の音波を出すらしい。ヤバイヤバイみたいな音波?それが大型魚を引き寄せるそうだ。

潮止まりボトムダートで取り返す

しばらく失敗してしまった方面は温めることにして、別の場所で豆を2尾とサバ1尾を追加した。それからもう一度釣り直してみると、食ってくるのはすべてサバになった。

時計は見ないようにした。アジが抜けるというイメージを持つとあきらめになる。サバを釣りながら、なぜサバになるかを考える。1.5gのヘッドで中層でリグをシェイクすると触るか乗るかする、0.8gに落とすと何も触らない。

そこで2gのやじり型ヘッドを出してきた。そして長めのワームをセット。潮止まりでボトムについたアジがまだ意地汚くプランクトンかベイトフィッシュでも食べている想像をして、投げた。一度投げミスしたので、余計なことをせずにすぐ回収。もう一度キャストして30カウント着底、ドラグを緩めにいれ、イトをジジッとすらしながらダートする。

漁港アジングで25cm頭にアジ&サバ好打 ボトムのダートアクションが吉ダートアクションで良型アジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

すると一発回答。25cmアジが登場した。手前で泣かないようにサオを頭の上に捧げ上げてハンドルを巻きながらずり上げランディング。恰幅のいいカッコいいアジを取り返せた。

そのあとも同様のパターンで小さいのをサバ混じりで10尾ほど追加。きれいに2時間釣行して、バラシを取り返せた感触に満足しながらの帰途についた。

次のページで尺アジに期待高まる大阪湾について

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。