ボート落ちハゼ釣りで本命40匹 二刀流釣法でマゴチも3匹キャッチ

ボート落ちハゼ釣りで本命40匹 二刀流釣法でマゴチも3匹キャッチ

寒さが日に日に増してくる今日このごろ。水温の低下とともに深場に産卵のために落ちていくのがマハゼ!通称「落ちハゼ」という良型ハゼをボートから狙ってきました!また、ハゼをエサとしているマゴチは落ちハゼが釣れる場所で可能性大!両魚種ゲットした釣りの模様をリポートします。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

落ちハゼ

ボート落ちハゼ釣りで本命40匹 二刀流釣法でマゴチも3匹キャッチ良型ハゼが期待大(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

夏場シャローに沢山いたハゼは10~12月あたりから産卵のために深場に移動して行きます。ハゼは産卵して一生を終えるのですが、落ちハゼシーズンは産卵する前の最大サイズのハゼが狙えることで釣り人を楽しませてくれます。

落ちハゼの魅力は引きがとても強いこと!ハゼも20cmほどになると引きがかなり強くなり、ロックフィッシュ用やシーバス用のロッドなら、ちょい投げで楽しく引きを味わえます。

食味も最高

また、その味も絶品!お刺し身や天ぷらにしてもおいしく、夏のハゼより味わいが増して食べ応えがあります。

ボート落ちハゼ釣りで本命40匹 二刀流釣法でマゴチも3匹キャッチ食味も魅力(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ハゼのポイント

ボート落ちハゼ釣りで本命40匹 二刀流釣法でマゴチも3匹キャッチ魚探でポイントをサーチ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

私の場合、ボートで落ちハゼを狙うため、このような水深9m前後の川の河口や海底がすり鉢状に深くなっているポイントで釣りを展開します。川の河口などは夏場に川の中にいたハゼが落ちてきやすく、河口にドン深ブレイクがあるとハゼが集まりやすいと思います。

今回前半に入ったポイントは、夏場にハゼがいた川の河口の9m前後のポイント。川の河口はハゼが落ちやすい絶好の場所であるため、チェックを欠かせません。

また、大型船が停泊できるような深場などや砂を汲み上げているポイントも落ちハゼが居つきやすいポイントではないかと考察しています。

使用タックルとエサ

使用タックルは、ボートの場合シーバスタックルやライトロックフィッシュタックルなどで代用可能!オカッパリの場合は沖合の深場を狙うこともあるので、投げザオがオススメです!

仕掛けはテンビンに6号のナス型オモリをセットして、ハゼ用の2本バリ仕掛け。エサはアオイソメを1/3ほどにカットして仕掛けに付けます。

ボート落ちハゼ釣りで本命40匹 二刀流釣法でマゴチも3匹キャッチエサはアオイソメ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

イシゴカイでもいいのですが、アオイソメの方がサイズが大きいので、切って使えば沢山使うことができます。

基本の釣り方

ボートをアンカーで固定したら、ちょい投げでハゼの潜んでいるポイントを広範囲に探ってみてください。真下に落とすよりもちょい投げした方が効率的にハゼを釣ることができます。

ハゼが寄ってくる

ちょい投げで釣りをしているとハゼがボート付近に寄ってきて、段々とボートの周りで釣れるようになってきます。ハゼが近づいてきたと感じたら、ボートの真下を狙ってみたり、ボートの付近を狙ってみてください。

次のページでボートハゼ釣りの模様をリポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。