海水魚のオコゼは「山と関係が深い」魚 その理由は醜い見た目にあり?

海水魚のオコゼは「山と関係が深い」魚 その理由は醜い見た目にあり?

魚の中でもトップクラスに奇妙な見た目と、見た目からは想像できない美味な身のギャップで知られるオニオコゼ。実は海だけではなく「山」とも関係の深い魚なのです。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

海の魚なのに「山の神」?

ところで、オコゼといえば切っても切り離せないものがあります。それは「山の神信仰」。古くから、山に登るものや山で仕事をするものは、オコゼの干物を携えるという風習が各地に残っているのです。

その理由については諸説あるようですが、いちばん有名なのは「醜い魚だから」というもの。山の神様にはイワナガヒメを始め「醜い女性」とされる神様が多く、オコゼという醜くも美味な魚を備えることで彼女たちの怒りを鎮める、という意味合いがあったと言われています。

海水魚のオコゼは「山と関係が深い」魚 その理由は醜い見た目にあり?山の神様?(提供:PhotoAC)

また、そこから転じ、オコゼそのものを「ヤマノカミ」と呼ぶ地域も少なくありません。一方、九州山中の渓流には標準和名ヤマノカミという魚が存在しているので、もし九州で「ヤマノカミ」と言われたら、それが海のものか山のものかを確認する必要があるかもしれません。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。