ウタセマダイ釣りで本命&青物快釣 船長直伝の釣れる魚探反応とは?

ウタセマダイ釣りで本命&青物快釣 船長直伝の釣れる魚探反応とは?

、愛知県師崎発の明神釣船さんにお世話になり、ウタセマダイ釣りに行ってきました。今回はその際の釣行の模様と、船上で船長に教えていただいた釣り方のコツをご紹介!

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

師崎・明神釣船の概要

ウタセマダイ釣りで本命&青物快釣 船長直伝の釣れる魚探反応とは?師崎・明神丸(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

今回お世話になった師崎発の明神釣船の釣り時間は、11月は7時出船、沖上がりは13時。料金は13000円/人、中学生以下8000円/人。

釣れる魚はマダイ、ヒラメ、マダカ、青物、根魚などなど。季節に応じて旬な釣りモノを釣らせてくれることで有名で、師崎、伊勢湾、三河湾など様々なエリアの魚のいるピンポイントで狙ってくれます!

明神釣船の特徴

ウタセマダイ釣りで本命&青物快釣 船長直伝の釣れる魚探反応とは?面倒見のいい船長でストレスフリー(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

今回乗船して感じた事として、分からないことや疑問に感じたことを気軽に船長に聞きやすく、隣の人とラインが絡んだ際にも船長がすぐに飛んできて絡みを直してくれるため1日を通してストレスフリーな釣りが可能になると感じました。

また、風や潮流に合わせた超ピンポイントのアンカリングで魚のいるエリアへ正確に船をつけてくれます。海況に合わせてアンカーを細かく上げて、ポイントを移動してくれるため、常にフレッシュなポイントに入れることで、釣り人のやる気を損ねません!

当日の状況とポイント

11月17日(水)は晴れで、風速が1~3mほどの凪日に当たりました。潮回りは中潮で、潮の動き始めは潮が速く、あとはトロトロ流れる感じで釣りがしやすかったです。

ポイントは港から5分ほどの近場でした。水深は35mほどで砂地の地形の中に魚礁や天然の根が入っており、その周辺に様々なターゲットが潜んでいるとのこと。根掛かりも少なく、根も激しくない模様でした。

ウタセマダイ釣り

ウタセマダイ釣りでは、全長7.3m3本バリの胴つき仕掛けを使います。今回は船長に用意していただいたものを使用しました。これに、活性や潮に合わせて捨てイトをつけて狙います。

ウタセマダイ釣りで本命&青物快釣 船長直伝の釣れる魚探反応とは?当日の仕掛け(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

オモリは10号、20号、30号を用意してもらいました。潮が速いときは30号や20号を使い、潮が緩やかになったら10号で釣りをします。

タナの合わせ方

今回は基本的にオモリを底につけながら、潮流に乗せてラインを出しながらスローに送り込んでいきました。そのため、常にラインが斜めになった状態になっており、低水温時のウタセマダイはラインを送り込んで広範囲を探るそうです。

ウタセマダイ釣りで本命&青物快釣 船長直伝の釣れる魚探反応とは?送り込んで広範囲を探る(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

使用タックル

ウタセマダイ釣りで本命&青物快釣 船長直伝の釣れる魚探反応とは?当日のタックル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

タックルは、電動リールにライトなエサ釣り用ベイトロッドです。長い仕掛けを使うので、長いロッドを使った方が取り回しがいいように思いました。

次のページで船長直伝のエサ付け方を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。