伊藤さとしのプライムフィッシング【野釣りグルテンを使おう:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【野釣りグルテンを使おう:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。今回はこのエサについて記者と伊藤さんとの雑談。雑談と言っても、多少は参考になると思うが(笑)。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

集魚力の強い『野釣りグルテン』

伊藤 さとし

「ところで記者さんは『野釣りグルテン』(ノーマル)を使ったことある?」

 

ありますとも!むしろ積極的に使っています。

伊藤 さとし

「なんで?」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【野釣りグルテンを使おう:第2回】横利根川で新ベラを釣り込む(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

集魚性ですね。とくにこれからの厳寒期は、両グルテンの頻度が高くなりますから、集魚力を補う意味でも必携です。

伊藤 さとし

「つまり素(白)のグルテンでは、集魚力が足りないと感じているんだね」

 

時と場合にもよりますが、まあそうです。

伊藤 さとし

「『野釣りグルテン』の集魚材って何かな?」

 

それはニンニクですよ。あの強烈臭が魚をウキの下に呼び込むと信じています。それとカタログにはアミノ酸配合とも書かれていますから、その効果も期待しています。だって『野釣りグルテン』が発売される以前は、うま味調味料”味の素”を混ぜていたくらいですから(笑)。

伊藤 さとし

「それで釣れるようになった?」

 

さぁ、どうでしょう。正直おまじない的な意味合いのほうが大きいかもしれませんけど…。

『ダントツ』は強すぎる?

伊藤 さとし

「では『野釣りグルテンダントツ』はどうかな?集魚力の面では、こちらのほうが勝っていると思うのだけど」

 

エビ粉に魚粉、それに”マル秘スパイス”ですから、伊藤さんがおっしゃるように、集魚性では『野釣りグルテン』よりも上でしょう。でも使用頻度で言うなら、個人的には圧倒的に『野釣りグルテン』のほうです。

伊藤 さとし

「それはなぜ?」

 

集魚力が強すぎると感じるからです。だから釣り場によっては、私としては使いづらく感じます。

伊藤 さとし

「それはジャミのことかな?」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【野釣りグルテンを使おう:第2回】両エサのパッケージの裏書き(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

はい、あとはマブナやキャット(アメリカナマズ)など、とにかく本命以外の魚の食い気までも煽ってしまうことがあるので、使い方が限定されてしまうような気がしています。

伊藤 さとし

「なるほど、たしかにそれはあるかもね。でもジャミや大型外道の活性が鈍くなる低水温期なら、『野釣りグルテンダントツ』の活躍の場は広がるんじゃない?」

 

そうですね。私もこれからの時期なら、むしろ『野釣りグルテン』よりも効果があるかもと思っています。

次のページで「ヘラ釣りは寄せてナンボ」

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。