初の【ヒイカ】エギングで2投目に本命キャッチ キモは手返しと集中力?

初の【ヒイカ】エギングで2投目に本命キャッチ キモは手返しと集中力?

例年、初冬になると釣れ始めるというヒイカ。そんなヒイカの釣果情報につられ、11月16日に愛知県半田市に出掛けた。初めてのヒイカ釣りで得られたことを同じくヒイカの初心者向けに還元したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター永井航)

Wataru_Nagai

はじめまして。釣りの守備範囲は金魚から大型青物まで!大学では海洋生物を専攻していたので多角的な分析もしたいと思います。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

陸っぱりヒイカ釣りの道具

ヒイカ釣りには、エギで狙うエギングと生きた小エビをエサとして狙うエサ釣りがあるようだ。私は道具立てが楽なエギングで狙う。アオリイカ狙いのエギングと違い、使う号数は1.5号前後のかなり小型のエギを使う。タックルはアジングタックルやメバリングタックルを流用できるようだ。実際メバリングをしていてヒイカがルアーを抱いてきた経験を持つ人もいるだろう。

釣る場所

場所に関していえば、1番いいのは釣果情報のある場所でやることが最も無難であろう。だが、釣果のある近くの場所も常夜灯があれば釣れる所はあるはずだ。ちなみにライトの存在が非常に大きいそうで、もはやマストに近いそうだ。また常夜灯がなくとも投光器があればヒイカ釣りは成立するそうだ。本気でやるなら投光器で人の少ないポイントを作るのがいいかもしれない。

初の【ヒイカ】エギングで2投目に本命キャッチ キモは手返しと集中力?シーズンインしたヒイカ(提供:TSURINEWSライター永井航)

まさかの2投目でヒイカ登場

私はポイントに入ると運よく常夜灯の真下に入れた。とりあえずエギングだし、ヒイカはやったことないけれどフォールかステイで抱いてくるのは間違いないだろう。タックルを準備し、まずは投げて様子見。

エギが小さいため流石にフォールが遅い。当日は風が弱くて釣りがしやすいが、それでもイトがふける。できるだけ無風でやるか風裏でやるのが必須の釣りとなる。

2投目でフォール中のイトふけに違和感が出て聞きアワセするとツンと反応。あっさりヒイカキャッチ。ある程度までならイトふけが出たら出たでラインの動きでアタリを取ることもできるが、これは本当の初心者には難しいかもしれない。そういう時は無理せずフォールとシャクリだけに専念してシャクリの時にイカが抱いているか判断するのでいいだろう。

初の【ヒイカ】エギングで2投目に本命キャッチ キモは手返しと集中力?2投目にあっさりヒイカ登場(提供:TSURINEWSライター永井航)

初体験なりに感じたコツ

一杯釣り上げたこともあり、余裕が出たがなかなか次が出ない。別の地方の釣果をみると数十杯釣れたりもしているが、人口の多い名古屋近辺という場所柄なのか既にピークを過ぎているのかは不明だが、群れが小さいようですぐにいなくなってしまう。

ともあれ、初体験なりに感じたコツを紹介したい。

手返しが大事

アオリイカは違うがヤリイカは群れで寄ってくる。ヒイカもそのようで群れがいる間に手返しよく釣るのがコツだ。手返しこそ慣れだが、これが実際かなりの差を生む。焦ってトラブルを起こすことはないが、数を釣るなら意識をするべきだろう。

集中力が大事

あとコツとしては一投一投集中することだ。ヒイカは小型が故にアタリも小さい。逃さぬためにもイトの動きやサオ先に意識を集中するのが吉。季節柄寒くて集中が途切れやすい。私は初めてのヒイカ釣りだったが要所要所で集中することができ、周りが釣れない中、ポツリポツリと釣り上げることができた。

次のページではエギについて

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。