今さら聞けないメバリングのキホン 1台目のリールを選ぶ時の4大要素

今さら聞けないメバリングのキホン 1台目のリールを選ぶ時の4大要素

メバリングは釣り入門にも最適で手軽に始められて、やり込み要素もたくさんある魅力的なルアーフィッシングだ。今回はメバリング入門者が最初に購入するリールの選び方を解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバリングとは

メバリングとはワームや小型のハードルアーでメバルを狙う釣りのこと。気軽に入れるポイントでも釣果が出せる魅力がある。

メバリングではワームとジグヘッドを使用したジグ単での攻略が一般的だが、近年はプラグを用いたメバルプラッギングも人気が高まっている。

メバリングリールに必要な条件

まずはメバリングリールに求められる条件を紹介しよう。

リールのタイプ

メバリングに使用できるリールにはスピニングリールとベイトフィネスリールがある。近年はベイトフィネスリールを使用するアングラーも多いが、最初は扱いやすくトラブルが少ないスピニングリールをおすすめする。

今さら聞けないメバリングのキホン 1台目のリールを選ぶ時の4大要素初めてのリールにはスピニングがおすすめ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

重量

メバリングロッドは軽量にできていることが多い。そのため、セットするリールも軽量なモデルが使用しやすい。軽量なリールを軽量なロッドにセットするとバランスがよくなり、軽快にルアーを動かせてよりテクニカルにメバルを狙えるようになる。

巻き心地

メバリングに使用する小型のルアーの動きは繊細だ。巻き心地の軽いリールを使用すると、些細なルアーの動きも捉えられる。巻き心地はリールの種類以外にギア比にも大きく左右される。一般的にギア比が低いパワーギアやノーマルギアが巻き心地が軽い。

初めて購入するリールの選び方

続いて、初めてのリールの選び方を紹介する。

今さら聞けないメバリングのキホン 1台目のリールを選ぶ時の4大要素ベイトフィネスリール(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

サイズ

メバリングでは2000番のスピニングリールが汎用的に使用できる。2000番のスピニングリールを購入すると堤防はもちろん、磯やサーフでも快適とまではいかないがメバリングができる。2000番を最初に購入すると、次に購入するべき一台も見えてきやすい。

ギア比

メバリングには基本的にノーマルギアがおすすめだ。初めて購入するリールのギア比にもノーマルギアがおすすめで、ノーマルギアだと長く愛用できるだろう。

価格

近年のリールは低価格な商品でも問題なく使用できる。1万円以下のリールでもメバリングに問題なく使用できるが、 1万円前後のリールが性能と価格のバランスが最もよく、コスパに優れている印象だ。

重量

重量は200g以下のリールがおすすめ。軽くなればなるほど価格は高くなるが、近年は低価格帯のリールでも190g前後のリールが増えている。軽量なリールの中からアングラーの好みに合わせて購入しよう。

次のページでは汎用性の高いスピニングを買う意味を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。