沖縄離島「伊是名島」でアオリイカエギング ヒットレンジ意識し連発

沖縄離島「伊是名島」でアオリイカエギング ヒットレンジ意識し連発

10月28日~11月4日にかけて沖縄県伊是名島へ軽石除去作業に行ってきました。作業後は港内でアオリイカエギング。フィーディングレンジを意識し連発した釣りの模様をリポートします。

沖縄県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

伊是名島のポイントとタックル

沖縄離島「伊是名島」でアオリイカエギング ヒットレンジ意識し連発様々なフィッシュイーターがいる漁港内(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

今回は漁港の中で釣りを展開しました。漁港で釣りをするメリットとしては護岸が整備されているので比較的安全に釣りができ、コンクリート構造物に小魚やカニなどのベイトが接岸しやすいので、それらを狙ってフィッシュイーターやイカが入ってきやすいポイントと言えます。

天候は晴れで、北風が強く吹き荒れていました。そのため、追い風になるポイントを選んでエギングをしました。

使用タックル

沖縄離島「伊是名島」でアオリイカエギング ヒットレンジ意識し連発当日のタックル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

今回はエギング専用タックルを持っていませんでしたので、ライトロックゲーム用のスピニングタックルに2号前後のエギを使用しました。小まめ(5キャストごとくらい)にカラーローテーションして、イカに対してエギを飽きさせないというのが今回の戦略です。

基本の釣り方

エギの動かし方は、エギをキャストしたら目標となるレンジまでエギをフォールさせ、ワンピッチで2~3回ほどエギをシャクり、ダートさせ、イカにアピールします。その後はラインを張りながらカーブフォールさせ、イカにバイトさせる瞬間を与えます。

フォール中にラインが緩んだり、手元に伝わるバイトが出ます。フォール中の違和感を見逃さないように注意を払って、バイトだと思ったものはすぐにフッキングをいれていきます。

秋イカの大群発見

沖縄離島「伊是名島」でアオリイカエギング ヒットレンジ意識し連発エギをチェイスするアオリイカ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

港の海中を観察していると、無数の黒い点々を確認でき、よくみると秋イカの大群でした!すぐにエギを近くの売店に買いに行き、釣りスタートです!

エギをキャストするたびに5杯ほどの秋イカがチェイスしてきて、足元まで興味津々の模様です。そこで遠くにキャストしてから、ボトムまでエギを沈め、チェイスさせてフォール中のバイトをサイトで確認して、1杯目をキャッチ!

沖縄離島「伊是名島」でアオリイカエギング ヒットレンジ意識し連発1匹目のアオリイカ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

次のページでフィーディングレンジを見つけて連発

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。