「スピニングリール」のキホン ノーマルギアとハイギアの長所短所

「スピニングリール」のキホン ノーマルギアとハイギアの長所短所

スピニングリールには一般にノーマルギアとハイギアとがあります。今回は筆者の経験からライトゲーム目線でノーマルギアとハイギアのそれぞれの適正を紹介しましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

ハイギアの特性

ライトゲームにおける1000番、2000番のスピニングリールのハイギアの特性は次の通りです。

適正

アジ、メバルが高活性。また一部の地域であるらしいハイスピードのベイトフィッシュパターンやプランクトンパターン。磯や消波ブロック帯など魚有利の条件での釣り。

長所

巻き取りが早くルアーが見切られにくい。巻きアタリがとりやすい。大型の根魚など相手に最初の巻き上げ力で負けない。

短所

巻き重り、スローのパターンに対応しない。

手返し重視の場面や、釣り人よりも魚有利の条件では、ライトゲームでもハイギアのリールが適します。

2500番手の使い道

ライトソルトで2500番というと汎用性が高い番手です。

一般的にはタチウオワインドやエギングやシーバスゲームに使われるもので、ハンドル1回転あたりの巻き取り量は75cm程度がベーシックなところ。これも基本的には上述のような理由で、ノーマルギアを推奨します。

ライトソルトにおける2500番ハイギアの特性

ハイギアを使う場面といえば、次のようなところでしょうか?

「スピニングリール」のキホン ノーマルギアとハイギアの長所短所シャープなワインドにはハイギアも◎(提供:TSURINEWSライター井上海生)

適正

タチウオワインド、エギングのシャープ&ファストな誘い。スーパーライトショアジギング、シーバスタックルやエギングタックル流用のライトショアジギング。

長所

巻き取りが速く釣りの展開がテンポよくなる。ラインスラック回収がスムーズ。40cm程度までの根魚相手にも負けない。巻きアタリがとりやすい。

短所

巻き重り。大型青物などを掛けたときにハンドルが巻けないこともある。大型を釣りまくっていくとギアの消耗が早い。

ハイギアは使い方次第で光るものでもあり、好んで使うアングラーも多いようです。実は私も一つ持っていますが、要所要所で重宝しますし、中型青物くらいならば巻きトルクでも負けないので、気に入っています。

次のページで使い分け方について紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。