釣り初心者が人生初ヒラマサをキャッチする方法 オススメの釣り方3選

釣り初心者が人生初ヒラマサをキャッチする方法 オススメの釣り方3選

釣りの人気ターゲットといえばヒラマサだろう。今回はこのヒラマサの最初の1本を釣り上げるために、最適な釣法は何なのかを考察してみたい。

(アイキャッチ画像提供:宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

人気ターゲットヒラマサ

ヒラマサは『海のスプリンター』の異名を持ち、その強烈でスピード感溢れるファイトは多くの釣り人を魅了する。近年はルアーによるトップゲームも開拓され、ますます人気が高まっている。

余談だが、筆者の釣友によると、同じ青物でも出世魚であるブリは、80cmオーバークラスじゃないと「ブリを釣った」といいづらいが、ヒラマサは大きさにかかわらず「ヒラマサ」といえるのがいいらしい (地域によってはヒラマサでも大きさによって別の呼び方をする場合もある)。

今回は、筆者の限られた経験をもとにした話で恐縮だが、ビギナーがヒラマサをキャッチできる確率が高い釣法はどれなのか、独断的に考察してみたい。ゲーム性やロマンといった要素はいったん脇に置いておくのでご容赦いただきたい。

また、ヒラマサは、もちろん陸からでもキャッチできる魚ではあるが、ビギナーがエントリーしやすいという点で船釣りに焦点を絞りたい。

釣り初心者が人生初ヒラマサをキャッチする方法 オススメの釣り方3選人気のヒラマサ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

ヒラマサ釣り代表的な3釣法

当サイトのこれまでのヒラマサに関する記事を調べてみたところ、掲載回数の多い釣法は3つある。

「ルアーキャスティングによるトップゲーム」、「ジギング」、「落とし込み」である。これらを代表的な釣法としたい。3つの釣法の中で、ビギナーが最初の1匹を手中にするためにどの釣法がベストなのか、それぞれ順番に考察していく。

1.ルアーキャスティング

近年人気の釣法である。アクションに応じて少し水中に潜るダイビングペンシルタイプのルアーや、激しく海面でしぶきをあげるポッパータイプのルアーなどをキャストし、リーリングアクションでヒラマサにバイトさせる、いわゆるトップゲームだ。

海面を割ってヒラマサがルアーにバイトする姿は圧倒的で中毒性が高い。しかも、ヒラマサがヒットした場合は、他の釣法に比べて大型の魚体である確率が高い。

しかしながら、「ルアーを遠くにしっかり投げきる」ことと、「ヒラマサのバイトを誘うリーリング(ジャーキング)」はかなり技術を必要とする。ヒット後ファイトし、船べりまでヒラマサを寄せるのも体力・技術ともに重要だ。総じて難易度の高い釣りである(だからこそ面白いのだが)。ビギナーズラックは全くないわけではないが、確率的には低いように思う。

釣り初心者が人生初ヒラマサをキャッチする方法 オススメの釣り方3選キャスティング用のルアー(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

2.ジギング

ルアーキャスティングトップゲームと並んで根強い人気があるのが、ジギングゲームだ。メタルジグという金属製のルアーを海底まで落とし、ロッドをリズミカルにシャクるジャークというアクションを加えながら、リールを巻き上げ、ジグを動かしてヒラマサにバイトさせる釣法である。ヒラマサがターゲットならば、ベーシックなのはロングシルエットのジグであろう。

筆者のこれまでの経験ではキャスティングよりも圧倒的にジギングの方がヒラマサのヒット率は高い。キャスティングゲームにおける筆者の未熟さもあろうが、海面だけで勝負するキャスティングゲームに対して、ジギングでは海底から海面まで広範囲に探れるので優位性があるのではないかと思う。

ただし、ジギングもある程度「慣れ」が必要で、ジグを上手にアクションさせられなければ基本的には釣りにならない。そのため、ジギング経験のないビギナーならば難易度は高い。

釣り初心者が人生初ヒラマサをキャッチする方法 オススメの釣り方3選ジギングで使うメタルジグ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

3.落とし込み(食わせサビキ)

「落とし込み釣り」は地域によって、「食わせサビキ」、「タテ釣り」、「道楽釣り」などさまざまな呼び名があるが、基本的にすべて同じ釣法である。

具体的には、太ハリスのサビキ仕掛けにまきエサも付けエサもつけずに、オモリだけつけて海に投入し、まずはイワシやアジなどベイトをなるべくたくさんハリに掛ける。ベイトが掛かったらそのまま海底付近のタナで待ち、ベイトにヒラマサなどの青物やフィッシュイーターが食いつくのを待つ。ターゲット魚がハリ掛かりしたら、電動リールで一気に巻き上げる。

泳がせ釣り同様、ライブベイトにヒラマサが食いつくとガツンと一気にサオがしなり、電動であっても釣り味も楽しい。ベイトを釣るのに苦労するケースもあるが、ベイトさえ掛けられれば青物が食いつく可能性はかなり高い。

釣り初心者が人生初ヒラマサをキャッチする方法 オススメの釣り方3選落とし込み用サビキ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

筆者はこの釣りは一度だけ佐賀の呼子港の遊漁船に乗船した際、壱岐沖で経験したことがあるが、かなりスリリングで楽しかった記憶がある。サビキでイワシを掛けさえすれば、ヒラマサが釣れる可能性が高い釣りなので、ビギナーがとにかくヒラマサをキャッチしたいということであればおすすめしたい。

ハリスの太さやサビキバリの種類によってベイトとなるイワシやアジの食いに差がでるため、その地区で実績のあるサビキ仕掛けがどれなのかを船宿や釣り具店や上級者にリサーチしたほうがよい。また、この釣法は周年できるわけではないので遊漁船の過去の釣果情報などを見て釣行可能な時期は調べてみていただきたい。

この釣法が盛んな地域は当サイトでもたびたびレポートしているように九州北部や北陸地方などである。伊豆地方での「食わせサビキ」釣りにチャレンジしたこともあるが、当地ではヒラマサが掛かることもあるもののメインターゲットとしてはヒラメやマダイなどを狙うケースが多いように思う。

まずは落とし込み釣りから

いかがでしたか。ゲーム性やエモさなどは一切抜きにして、ビギナーがとにかく1尾目のヒラマサをキャッチしたいのであれば、筆者的には『落とし込み釣り』がオススメというのが結論です。

<宮崎逝之介/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。