ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場

ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場

甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の磯で、アカハタが順調に釣れている。まだ水温が高いためか、夏によく釣れるシブダイやタバメ(ハマフエフキ)なども交じる。11月16日に釣行した際は、10種類の魚が顔を見せた。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

アカハタのサイズ

里のアカハタは、一年を通して狙えるものの、冬に釣れるものは身が絞まっておいしい。型は30cm前後が中心で、時折40cm級の大型が交じる。キビナゴなどをエサにしたカゴ釣りやブッコミ釣りで狙うのが一般的な釣り方だ。

ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場上甑島広域略図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

夜明け前にアカハタ連発

この日は午前5時過ぎに里港近くの地磯に渡り、すぐにカゴ釣りの準備に取りかかった。ウキはケミホタルが装着できる遠投カゴサビキ、ハリは強固で刺さりのいいカット真鯛を選択。

まきエサのオキアミボイルをカゴに詰め、キビナゴをハリにセット。サオ1本ほどのタナを取り、10mほど先から探りを入れた。

ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場カゴ釣りタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

間もなくウキが消えた。小気味いい引きを味わいながら、そっと抜き上げたのは35cmほどのアカハタだ。

そのまま時合いに入り、同型のアカハタを2連発。40cm級のタバメも追加し、好スタートを切った。しかし、夜が明けるとアタリは急に途絶えた。

ブッコミでヒブダイ登場

その後はアタリがなく、ブッコミ釣りにチェンジ。底をトントンと叩きながら、誘いを入るが、魚信はない。

ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場ブッコミ釣りタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

それでも手返しを続け、何とか40cmほどのヒブダイとイスズミを1尾ずつゲットしたものの、魚の気配が少ない。そのころ、見回りに来た船に瀬がわりを告げ、すぐ近くの堤防に移動した。

ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場刺し身でおいしいヒブダイ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページではゲスト魚が連打

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。