ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場

ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場

甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の磯で、アカハタが順調に釣れている。まだ水温が高いためか、夏によく釣れるシブダイやタバメ(ハマフエフキ)なども交じる。11月16日に釣行した際は、10種類の魚が顔を見せた。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

場所移動でゲスト魚連打

ここは足場がよく、カゴ釣りとブッコミのサオを同時に出した。その1投目だった。ブッコミに大きなアタリ。サオを腰にあてて巻き(リール)にかかると、真下にグイグイ潜る。腰を落とし、強引にやり取りして浮かせたのは3kgを超える大型のウツボだった。

アタリは続き、45cmほどのウミゴイ、40cm前後のニザダイ、25cm前後のロギ(イトフエフキ)や同型のカサゴが連打。汗だくになったところで休憩をはさむことにした。

まさかの夏魚シブダイ

再びサオを握ったのは午前10時ごろ。アタリは断続的だが、ブッコミでアカハタがぽつぽつ。一方、カゴ釣りに魚信はなく、片付けようとした時だった。ウキが勢いよく沈み、リールからミチイトが弾き出せれた。

大きくアワセを入れ、強引にリールを巻くと、かなりの手応えだ。やり取りの末に姿を見せたのは45cmほどのシブダイ。まさかの夏魚に驚いた。

今後の展望

まだまだ釣れる感はあったが、クーラーの中が賑やかになったところで納竿。午前11時過ぎに釣り場を後にした。

今後は徐々にゲスト魚が少なくなり、アカハタの割合が増す。ちなみにイスズミと二ザダイは日増しにおいしくなる。うまいイスズミの見分け方は写真を参考に。黒いイスズミは絶品だ。

ブッコミ&カゴ釣り「リアル二刀流」で好釣 まさかの夏魚シブダイも登場右の黒い方は絶品(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
藤丸

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。