釣り人的「時短&ズボラレシピ」:サワラ西京焼き 2時間漬ければOK?

釣り人的「時短&ズボラレシピ」:サワラ西京焼き 2時間漬ければOK?

初冬のオフショアジギングでヒット率の高いサワラ。ナブラ目掛けてルアーを投げると、簡単に食い付いてくる。ただ、身持ち時間が短く、鮮度を保つのが難しい。今回は時短&ズボラレシピ「サワラの西京焼き」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

3枚におろす

チルドで寝かせたサワラを3枚におろす。一般的な方法でいいが、サワラは身割れしやすいので、優しく慎重におろしていく。

釣り人的「時短&ズボラレシピ」:サワラ西京焼き 2時間漬ければOK?優しく慎重に(提供:TSURINEWSライター松田正記)

皮を剥がずにカット

3枚におろしたサワラを食べやすい大きさにカットする。サワラの皮は軟らかいうえ、焼くといい風味がするので、皮はつけておいたほうがいい。

釣り人的「時短&ズボラレシピ」:サワラ西京焼き 2時間漬ければOK?食べやすい大きさにカットする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

だしに漬け込む

次に西京漬け用のだしに2時間ほど漬け込む。とれたてのサワラと、ひと晩寝かせたものでは、味の染み方が大きく異なることを覚えておこう。ちなみこの方法は、たまたま「ズボラ」から生まれたもので、意外に知らない人が多い。

釣り人的「時短&ズボラレシピ」:サワラ西京焼き 2時間漬ければOK?だしに漬け込む(提供:TSURINEWSライター松田正記)

だしの割り下は次の通り。水5、みそ0.5、白だし0.5、みりん1。

遠火でじっくり焼く

たれに漬け込んだサワラを焼けば出来上がり。弱火でじっくり焼き、ほんのり焦げ目が付けばOK。好みでカボスやレモンを絞って食べてもいい。

釣り人的「時短&ズボラレシピ」:サワラ西京焼き 2時間漬ければOK?サワラの西京焼きが完成(提供:TSURINEWSライター松田正記)

余った分は、タッパーなどに入れて冷凍する。ここで重要なのが、たれの濃さ。冷凍する際は水を少し追加しておくと、これ以上味が染むことはない。むしろプリプリ感も出るのでおすすめだ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。