タイラバ五目釣り入門 【道具・基本の釣り方・魚種別攻略法まで紹介】

タイラバ五目釣り入門 【道具・基本の釣り方・魚種別攻略法まで紹介】

ここ数年安定した人気を誇るタイラバ。本来はマダイを狙うためのメソッドだが、実はさまざまな魚種が釣れるのは周知の事実。だったらマダイにこだわらなきゃいいんじゃない?ということで今回のテーマはタイラバ五目だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タイラバとは

タイラバとは、本来徳島県の鳴門海峡でマダイの一本釣り漁師が使っていた漁具から発展した、いわゆる漁具系ルアーである。その仕組みはいたってシンプル。中通しのシンカーにケプラーなどで結んだハリを2本。そのハリにネクタイといわれるヒラヒラしたギミックが付属している。

タイラバ五目釣り入門 【道具・基本の釣り方・魚種別攻略法まで紹介】マダイはじめ美味魚がずらり(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

初めて見た時は、「こんなのでタイが釣れるの?」と思ったものだが、コレがとんでもないシロモノで、マダイどころか青物から根魚、ヒラメやマゴチ、アマダイやレンコダイ(キダイ)など、狙えない魚を探す方が難しいほど、何でも釣れてしまうルアーなのだ。

魚の気持ちは魚に聞いてみないと分からないが、このスカートが魚のバイトを誘発しているのは間違いなさそう。近年では膨大な種類のスカートが市販されており、一般的なストレートからカーブ形状のカーリー、ギザギザの突起が付いたドラゴンカーリーなども。

タイラバ五目釣り入門 【道具・基本の釣り方・魚種別攻略法まで紹介】ウッカリカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

カラーも豊富で、赤やオレンジ、グリーンはもちろんグローやブラック、クリア、ラメ入りなど。形状とカラーの組み合わせを状況に応じて使い分けていくのも、タイラバの楽しみのひとつだ。

ターゲット

前述の通り、タイラバで釣れない魚はないというほど、何でも釣れてしまう。その中でも本命筆頭はもちろんマダイだ。これから冬にかけて深場で越冬するため、荒食いするようになる。

深場の砂泥底を攻めているとヒットするのがアマダイだ。このアマダイ、裏本命ともいえるほど人気が高い。京都では若狭グジといわれるブランド魚。その名の通り若狭湾で多く釣れるが、紀東方面でもよく姿を見ることができる。

タイラバ五目釣り入門 【道具・基本の釣り方・魚種別攻略法まで紹介】裏本命ともいうべき人気を誇る(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

このアマダイと同時に釣れるのが、レンコダイ(キダイ)だ。群れで行動しており、1匹ヒットすると連鎖で食うことが多く、数が出やすい。

岩礁帯を攻めているときにヒットするのが根魚類だ。マハタやキジハタ、オオモンハタなどのハタ類は、魚食性が強くかなり上層までルアーを追う習性がある。

他にもマゴチやヒラメなどのフラットフィッシュ、ホウボウやガンゾウビラメなどの底物系、ブリ族やヒラマサなどの青物もタイラバに驚くほど好反応を見せる。何がヒットしてもおかしくないのが、タイラバの魅力なのだ。

タイラバ五目釣り入門 【道具・基本の釣り方・魚種別攻略法まで紹介】ガンゾウビラメ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページでタックル&タイラバのセレクトを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。