木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?

木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?

ウェーディングでシーバスを狙って三重県桑名市の木曽川へ釣行。水温が低下する時期のシーバス攻防戦、三日間の釣りをレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川でシーバスゲーム

11月上旬、ウェーディングすると、木曽川の水温も急激な低下を肌で感じられる。暖かい服装を着込んで入水する。

木曽川のシーバスは終盤に近づいているが、当日は終盤と思わせないほどのイナッコがベイトボールをいくつも作ってざわついていた。時折イナッコが何かに追われるため、誰もいない静かな川面に魚がざわつく音が響く。

「今日はチャンスだ」とロッドを持つ手に力が入る。ベイトボールが動く先にルアーをキャストし、ルアーがボールに侵入した瞬間ガツンと強いバイト。強烈な引きをリールのドラグでカバーする。

ターゲットが水面に飛び跳ねるが、ロッド操作でうまく交わし無事にランディング。いいサイズのシーバスを手にすることができた。

木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?シンペンでグットサイズキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

シンペンで良型シーバス

このやり取りでベイトボールが沖に出てしまったので、しばらくポイントを休ませていたが、またベイトボールの固まりが岸際に寄ってきた。

すぐシンペンをキャスト。ゆっくりと水面下を泳がせていくと、ロッドに重くのしかかる感触がありアワセを入れる。先ほどと同じように丁寧に寄せランディングした。こちらもいいサイズのシーバスだ。

当日は10バイト以上あったが、食わせきれずに2キャッチに終わった。

木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?カラーを変えてさらに追加(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

ルアーのスピード工夫

魚の活性がかなり高いと分かり、翌日も釣行した。この日は表層には魚がいないため、川底を狙った。

バイブレーションをカケアガリに通していくが反応がない。そこでカケアガリ付近でルアーの泳ぎを激しくさせた。その瞬間にバイト。サイズは小さいが、パワーあふれるシーバスの引きを楽しみランディングした。

リールを一定に巻いて釣れるときもあるが、食いが渋いときはルアーに変化を与えてやると口を使わせられる。

ルアーを一定のスピードで巻いていくとテンションが張った状態になるのだが、狙った地形変化を通過させる手前からロッドをさらに引く。そうするとルアーは激しく泳ぐ。この瞬間にターゲットにスイッチが入り、バイトに持ち込めるのだ。

木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?体高あるシーバスはパワーもケタ違いだ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

次のページで激しい流れを釣った3日目の模様を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。