木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?

木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?

ウェーディングでシーバスを狙って三重県桑名市の木曽川へ釣行。水温が低下する時期のシーバス攻防戦、三日間の釣りをレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

強い流れでルアーの操作

翌々日は潮止まりから上げ潮にかけての短時間釣行。

強い流れでルアーの操作が難しい。まずは18gのルアーを投げて、着底するまでがカウント5。次に20gでカウント3。この2gの差でターゲットが待ち構えている場所にルアーを通せる、通せないにつながるのだが、もちろん通せないと魚は釣れない。

地形変化の周辺でシーバスが頭を上流に向けて待ち構えているため、狙っている1本の線を通してシーバスの目前に泳がせる必要がある。

18gは反応が全くない。20gにしてみるとズドンとバイト。サイズが小さいので一瞬で決着をつけた。

木曽川ウェ―ディングシーバスゲームで快釣 水温低下の影響でシビアに?ルアーを丸のみに(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

選択するルアーのウェイトやカウントの重要性を再認識。考えながらの釣りは楽しいが、難しいとも思わせる釣行だった。

<週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
桑名市・木曽川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年11月26日号に掲載された記事を再編集したものになります

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。