清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題

清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題

静岡県の清水港へメジナを狙ってフカセ釣りに出かけた。案の定アイゴに苦戦しましたが、30cm級2匹にリリースサイズ多数となった当日の釣りをリポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

清水港でフカセ釣り

10月31日(日)、ホームグラウンドの清水港で久々のメジナ狙いを楽しみました。釣り方はフカセ釣りですが、日頃のクロダイ狙いとはまた違った面白さがあります。懸念材料は大量発生中のアイゴで、いかにメジナとアイゴの大群を分離できるかが鍵になりそうです。

当日のタックル&エサ

清水港内でも潮通しの良いポイントにはメジナが住み着いているので状況次第ではクロダイと同時に狙えることも。平均サイズは25~30cmほどですが、稀に40cmクラスの大型がヒットしてくるのでタックルや仕掛けは細すぎないものが安心です。

当日の使用タックル

ロッド:メガディスAGS1.25-53
リール:インパルト2500LBD-SH
ミチイト:Bluemodel2号(ナイロン) ※ウキ止めあり
ハリス:LEVEL1.75号(フロロカーボン) ※1.5ヒロ
ハリ:グレバリ6号~7号
ウキ:円錐ウキG2~3B
※状況次第でハリス中心部にG5~G2のジンタンオモリを追加

清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題仕掛け(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

まきエサの配合内容

オキアミ3kg
押しムギ1/3袋
チヌ用配合エサの余り1/3袋
メジナ用配合エサ(遠投タイプ)1袋
メジナ用配合エサ(万能タイプ)2/3袋

清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題まきエサ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

さしエサ

生オキアミ
ハード加工オキアミ
半ボイルオキアミ

清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題さしエサ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

大量のアイゴがエサ取り

まずは状況確認のために足元へ数杯のエサをまきます。すると、あっという間に大量のアイゴが押し寄せて水面を埋め尽くしてしまいました。メジナのポイントと分離するため、足元に多めにエサをまき続けてアイゴが沖に出て行かないように注意を払う必要がありそうです。本命用のまきエサは少量を沖へ遠投してアイゴの群れに気づかれにくくしています。

釣り開始直後は沖から当て気味の潮が流れていますが、ほとんど動かず止まっているような状態。元気なのは表層に群れる大量のアイゴのみで、潮が動き出すまでは我慢の釣りになりそうです。

仕掛けを流していると小ぶりながら本命がヒットしましたが釣れ続く様子ではなく、予想した通りアタリは単発で落ち着いてしまいました。

清水港フカセ釣りでメジナ複数手中 エサ取りのアイゴ対策が最重要課題アイゴの大群(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

次のページでは潮が動き出し30cm級メジナ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。