大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中

大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中

先日アジングをやっていて少しキワを打つとメバルの反応が見られたので、今回は本格的に狙ってみることにした。雨後の11月9日の大阪南港でのメバリングゲームをレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港の状況

当日は午前中からずっと雨。私が釣り始める17時30分ごろには止んでいるはずだったのだが、南港に到着しても尚霧雨がくすぶっていた。前日から降っているので水潮だろう。潮回りは新月の中潮で21時ごろ上げきりとかなりいいのだが、水潮の海では魚全体の活性が下がる。

水潮とは海水の上に比重の軽い真水が浮いている状態で、メバルのような表層の魚はレンジが一段階下がる。そこで少し重めのリグ、1gのジグ単でスタートする。釣り方はいたって簡単、キワのリトリーブ一本だ。表中層のレンジ管理だけ留意する。

22cmメバルがお出迎え

今回は準備もかなりしっかりとしてきた。前回がアジングタックルで足場の高い場所からのキワ打ちは少しやりにくかったので、ちゃんとしたメバルロッドのソリッドを持ってきた。2000番リールにPEライン0.3号リーダー4lbをFGノットで80cmとった。私にとってメバル相手では絶対に失敗しない設定だ。

が、始まる前からミス連発。なんとトップガイドでイト絡みしてしまい、FGノットしたラインを切らなければならなくなった。3.5ノットで結び直して再開。しかしリーダーが短すぎてライン本線を擦って切られてしまう。

釣りたい気持ちが逸りすぎて、1匹目までにかなり時間を要した。

大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中22cm級の良型(提供:TSURINEWSライター井上海生)

しかし1匹目は22cmの良型。よく引いたし、向こうアワセのメバルにしてはめずらしくこちらで誘いを入れて食ってきたのを気持ちよくフッキングさせて浮上させられた。甲斐のある1匹である。

サバが若干厄介

この日は夜のサバがとにかく多かった。オープンウォーターがほぼサバという状態でとにかくバシャバシャやっている。キワでも前でもサバが食った。

大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中サバも釣れてしまう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

しかしこうもサバが多いと迷惑する。サバのようなせわしい魚がいると、メバルはコースにタイトになりレンジも下がる。しかも今回は水潮でいっそうレンジが分かりにくい。パターンをつかむまでかなりの時間を要し、またマイクロメタルに食った良型をやはり本線擦りのブレイクで逃してしまった。あれは今でも惜しい。

タングステンヘッドで

マイクロラバーにも食ってきたが、雨が止むと同時に潮もぱたりと止まった。

大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中マイクロラバーでメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

もうただでは反応してくれなくなる。こうなってしまうと、残念ながらこちら主導で釣っていくわけにはいかない。魚に口を使ってくださいと、合わせるような設定に。

ヘッドのシルエットを小さく見せられるタングステン製ヘッド0.75gと1.3inchの小さめワームで釣っていくことにした。しかしその初投で根に潜られロスト。なんだか勘が鈍っているようだ、どうもミスが続く。

最終釣果

とはいえ、最終的に6匹と、雨後のメバルは結構動いた。

大阪南港メバリングで22cm頭メバル6匹 堤防「キワ」のリトリーブで手中魚に合わせたリグでメバル6匹(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ミステリアスカラー紫のワームに、「メバル専用のヘッド」という新しい設定でも獲れた。これも嬉しい。が、また根に潜られてロストした。

どうもこの日は私自身が学習しない日である。

次のページで当日の釣りのキモを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。