オフシャロ釣行:浅場での船ルアーゲームが熱い!【福岡県・馬島沖】

7月2日中潮、台風直撃の前日、近場なら出船できるとのこと。新しいメソッドのオフシャロをと、急遽小倉港よりオフシャロの提唱者、宮崎船長のガイドサービスセブンで出船。ぜひ皆さんに体験してもらいたい釣りだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のポイントとタックル

イサキのシーズン真っ只中だが、角島周りのシャローは行けない模様。風と波で馬島沖くらいが限界。どう釣果に響くか不安を感じながら馬島周りのポイントに到着。

ポイントの水深は20~30mのシャロー。

アコウとアラカブが入れ食い

タックル図。

さっそく、スピニングタックルに『SEVEN/タイラー』40gをセットしてキャスト。瀬周りにベイトが付いているので、このポイントでオフシャロを開始。

根掛かりに要注意だが、タイラーリアにフックを付けてるが底取りしやすく、根掛かりは皆無。

開始後、アコウとアラカブが入れ食い。小アラまでゲストに登場。アコウ30cm以下はもちろんリリースだが、30cmオーバーもかなり釣れて遊んでもらったお返しにリリース。

ライトスピニングタックルなので、ゲーム感覚でちょい投げして簡単に釣れて楽しすぎる。

スピニングリールにはPE1号、フロロ4号とロッド含めタイラバタックルと同じでOK。

また、釣りガールの石田知世さんは、終日ベイトタイラバタックルで抜群の釣果。

スピニングが苦手な方は、普段使い慣れたタイラバのベイトタックルに、タイラーを付ければオフシャロが楽しめる。

小アラもゲット!

次ページでいよいよ本命イサギか?