『メバリング』ステップアップ解説 シャッドテールとピンテールの使い方

『メバリング』ステップアップ解説 シャッドテールとピンテールの使い方

メバリングではワームの尾の形状によって、釣果が大きくかわることがあります。今回はメバリングにおけるシャッド系のワーム、そしてピンテールのワームの使い分けを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ワームのテール形状で

メバルの釣果は本当に尾の形状でかわります。筆者もビギナーのころは、とりあえずアピールした方がいいんだろうと、釣れそうな感じのするシャッドテールのワームを通しまくっていました。それで釣れなくもありませんでしたが、魚がスレ倒していく冬にかけては、シャッドテールがまったく効かなくなるタイミングがあります。

『メバリング』ステップアップ解説 シャッドテールとピンテールの使い方シャッドでも釣れるけれど(提供:TSURINEWSライター井上海生)

またメバルはゲームフィッシングの魚でもあり、小型は特にリリースされるので、だんだんと学習個体が増えていきます。そうなると尾の形状どころか、ヘッドのウェイト0.1gでも釣れる・釣れないがかわります。非常に賢い魚のメバルに対し、テール形状のシャッド、ピンテールの使い分けは、キホンのキとも言える部分です。

基本的にはピンテールで釣る

メバルは眼が発達した魚です。眼でベイトを見ています。対して、ショアの釣り物では、タチウオや青物などはあまり目がよくないといわれます。では何でエサを見ているかというと、水中の波動です。波動の大小で、ベイトと、避けなければならない同類を感じ分けていると言います。

「避けなければならない同類」というと、要するに、同じようなサイズの魚です。水中でぶつかり合うのを避けるために、眼が発達していない魚は波動で泳ぐコースを譲り合っているといわれます。

話を戻すと、そのような波動を見る魚に対し、メバルは、エサのシルエットを視覚的に見る魚です。筆者の印象では、メバルに関しては確実に色まで見ていると思います。そのためあまり不自然な動き・色でない、ナチュラルなアピールをするピンテールで釣るのが基本となります。

つまり、海について最初に投げるべきは、ピンテールのワームです。ナイトゲームに関しては、最初から最後までという言い方をしてもいいかもしれません。もっとも、地域性も絡むので、あくまで基本的にということですが。

『メバリング』ステップアップ解説 シャッドテールとピンテールの使い方ピンテールでメバルを釣ろう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

シャッドテールはピンポイントで使う

最初はピンテール、最後までピンテール。そういう考え方をすると、まったく出番がなくなってしまうシャッドテールですが、使いどころがないわけではありません。

シャッドテールというワームの尾がくるくる回ったり震えたりするワームは、メバルの眼に対するアピールと、波動でも魚にアピールします。波動でアピールすべきタイミングというと、オープンウォーターでメバルを打つとき。ナイトゲームで、暗い海の前面の表層のコースを引いてくるときには、シャッドテールの方がアピール度が高く、少なくとも「ワームを魚に見つけてもらえていないのかも」というアングラーの不安は減ります。

そしてバイトも出やすいのですが、シャッドは見切られやすいので、やはり普通の漁港内やちょっとした外海打ちでは、一度二度しか使えないワームです。

それ以外では、雨風の海でもシャッドテールが活躍します。雨や風で海が荒れているときは、実は魚は活性が高かったりします。特にプランクトンパターンのメバルやアジは、雨風によりプランクトンが表層に出やすくなるからでしょう、小雨や多少の風の海ではよく釣れる魚です。そのようなときには、アピール力の高いシャッドテールを使うのもアリです。

次のページではスレた場合の対処法を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。