『バチコンアジング』で良型美味アジ手中 ショートバイトに苦戦

『バチコンアジング』で良型美味アジ手中 ショートバイトに苦戦

中潮。佐賀県唐津市肥前町大浦より出船の、きずなまりんを利用して再びバチコンアジングへ行ってきたので、その模様をリポートする。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

きずなまりんでバチコンアジング

今回の課題は、船のライトが点灯してから浮いてくるマアジをスピニングタックルで少しキャストしてカーブフォールで攻め釣ること。

午後5時出船。前日のシケの影響が気になる。ポイントの伊万里湾には午後5時30分到着。水深約20m。海中を見ると、やはり濁っていたのでグロー系のワームをセットした。

『バチコンアジング』で良型美味アジ手中 ショートバイトに苦戦タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

今回持ち込んだタックルは2セット。バーチカル(縦の釣り)には、ベイトタックルで胴突きスタイル。横の釣りには、スピニングタックルでテンビンキャロスタイル。日が暮れるまでの時間は、ベイトタックルで。その後の時間帯は、スピニングタックルで釣る作戦。

本命ぽつぽつヒット

チャリコ(小ダイ)やアラカブは釣れたが本命がこない。日も暮れ、ライトが点灯し、しばらくたった6時30分。20mでアタった。本命の引き味。やっと姿を見られた、本命マアジだった。

船中、ぽつりぽつりとしか釣れない。シケ後のためか、ベイトの集まりも悪い。それプラス月夜のせいか?

『バチコンアジング』で良型美味アジ手中 ショートバイトに苦戦マダイも上がった(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

タックルをスピニングに持ち替え、少しキャストして広いレンジを攻めることにした。

良型マアジ確保

8時ごろ、やっと5mラインでアタりだした。着水後、5秒くらいでベールを返してカーブフォールさせ、少しずつリールを巻き手前に寄せる。カーブフォール中にアタる場合と、手前にきてステイさせているときにアタる場合があった。

バタバタと釣れ、これでどうにか課題はクリアできたのでひと安心。全て、良型だった。

だが、明らかにベイトが集まっていない。その後、船中ぽつりぽつりとしか釣れず納竿時間を迎えた。

次のページでアジ料理を堪能!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。