タイラバ&ジギングで良型マダイに青物連発 ジグよりタイラバに軍配?

タイラバ&ジギングで良型マダイに青物連発 ジグよりタイラバに軍配?

TEAM雑魚の原田さん、泊さん、私の3人で、北九州市戸畑港からTrip(トリップ)に乗り込みジギング&タイラバにトライ。オフショアで秋を満喫した釣行となったのでレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

Tripでジギング&タイラバ

10月中旬、午前6時30分に北九州市戸畑港からTripで出港、約1時間30分で山口・角島沖エリア周辺に到着。すぐにパラを入れて実釣を開始した。

タイラバ&ジギングで良型マダイに青物連発 ジグよりタイラバに軍配?当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

タイラバで40cmマダイ

まずはタイラバで、グリーン系カラーの80gのヘッドを選択して、ワクワク気分で落としていく。

潮は大潮、水深は約80m、水温は25度。天候も良く、デカイのが食ってくる気配が漂っている。底に着いて3巻きほどでいきなりロッドを押さえ込むアタリで40cmのマダイが釣れた。

タイラバ&ジギングで良型マダイに青物連発 ジグよりタイラバに軍配?原田さんのマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

潮が動きヒット連発

しかし、後が続かず、すぐにヘッドをオレンジに交換。下げ潮が入り潮が行けば魚の活性が上がり食いも良くなるはず…会心の一撃はないまま沈黙が続く。

ようやくアタリを捉え60cmのデカ版マダイをゲットしたころ原田さんにもアタリがあり60cmのヤズを取り込む。

タイラバ&ジギングで良型マダイに青物連発 ジグよりタイラバに軍配?筆者の60cmマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

同時にあっちこっちでヒットし始め、船の上は正にお祭り騒ぎと盛り上がってきた。青物がヒットして暴れ回り、タイラバの細仕掛けに当たるともう大変。

しかし、船長のアドバイスで事無を得ることができ、みんなで協力し合い気持ちがよい。

タイラバ&ジギングで良型マダイに青物連発 ジグよりタイラバに軍配?泊さんの60cmヤズ(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

今回はジグよりもタイラバに反応が良く果敢にヒットしてきた。

振り返ればデカ版のアタリが何度あっただろうか、2度ほどフックを伸ばされたり、ジグのフロントのアシストラインが2本とも切られたり8回以上バラしたりと、すごく楽しく思い出深い釣行となった。

<週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Trip
出船場所:戸畑港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。