貸し切り「海上釣り堀」を仲間と満喫 マダイにシマアジにワラサ

貸し切り「海上釣り堀」を仲間と満喫 マダイにシマアジにワラサ

朝夕少し肌寒い日が増えてきた10月後半、三重県・紀伊長島の正徳丸へ貸切釣行してきた。厳しい状況であったが、終わってみればまずまずの釣果を得た当日の釣りの模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

海上釣り堀でマダイヒット

前日は暴風が吹き荒れた紀伊長島。幸い当日の風は弱まったが、事前の情報では前日から3度ほど水温が下がったとのこと。果たして釣果にどう影響するだろうか?

貸し切り「海上釣り堀」を仲間と満喫 マダイにシマアジにワラサタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

指定されたI枠に入り、午前7時40分に釣り開始となった。まずはマダイ狙いでスタート。ミャク釣りで幅広いタナを探っていく。すると、すぐに反応がありヒット!正徳丸のマダイは良型が多く、強い引きで何度もラインが引き出される。

貸し切り「海上釣り堀」を仲間と満喫 マダイにシマアジにワラサマダイ乱舞開始(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

1匹目ということもあり慎重にやり取りして、無事タモにマダイが収まった。

マダイ続々登場

ここからマダイ前日放流の正徳丸名物ロケットスタートとなる。イケス全体でコンスタントにアタリがあり、次々とマダイがヒットする。同行の子供たちにもマダイがヒットして大盛り上がり。

貸し切り「海上釣り堀」を仲間と満喫 マダイにシマアジにワラサ幸先よくマダイヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

一気に数を伸ばしたかったが、数匹のマダイを釣り上げたところでパタリとアタリがなくなってしまった。イケスの角付近で反応がないことから、イケス中央にマダイが固まっているようだ。

貸し切り「海上釣り堀」を仲間と満喫 マダイにシマアジにワラサ当日使用したタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

そこで、いつもはミャク釣りで狙うことが多いが、今回はウキ釣りでイケス中央を狙ってみた。

良型ヒラマサ浮上

ライトのロッド海上釣堀赤青一撃300を使ってイケスの中央に仕掛けを投入。ウキがなじむと、すぐに反応があり狙い通りマダイがヒットした。ここから同じパターンでマダイを数匹追加した。

ここで青物を狙っていた長澤さんのサオが大きく曲がる。強烈な引き込みがあったが、難なくやり取りして上がってきたのは良型のヒラマサだ!

貸し切り「海上釣り堀」を仲間と満喫 マダイにシマアジにワラサ良型ヒラマサヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

このヒットで青物の活性が上がったようで、私もキビナゴのエサで誘うとすぐに青物がヒット!無事にワラサを釣り上げることができた。

次のページで待望の追加放流!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。