西湘サーフの投げキス釣りでピンギス8尾 釣果ムラ激しく場所選びに苦戦

西湘サーフの投げキス釣りでピンギス8尾 釣果ムラ激しく場所選びに苦戦

10月24日(日)、2〜3日前に好調が伝えられた大磯海岸へ、投げ釣りでキスを狙って釣行したのでリポートしたい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

大磯海岸で投げキス釣り

今年は、シロギスの移動が早いのか、10月中旬時点で、湘南~西湘界隈で釣れているのは、茅ケ崎海岸がメイン。例年であれば西側から釣れ始めたキスが大磯~平塚へと東へ移動し、最終的に釣れ盛るのが茅ケ崎海岸というパターンなので、現在釣れているキスが落ちギスの群れなのか、一過性のものなのか判断がつきにくい。

西湘サーフの投げキス釣りでピンギス8尾 釣果ムラ激しく場所選びに苦戦ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

8時、まずは葛川河口へ向かうと、朝イチの釣りを終えたルアーマンが帰り支度をしており、数台の空きがあったので、車を止めて浜に出る。

釣れそうな雰囲気に期待

海は多少のウネリはあるものの、濁りはなく、いかにも釣れそうだ。この日の使用したタックルは図参照。

西湘サーフの投げキス釣りでピンギス8尾 釣果ムラ激しく場所選びに苦戦タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

浜に出てから東へ歩き、血洗川河口右岸で竿を出す。この時期であればポイントは近いはずなので2色付近に投入すると、着底を待っていたかのようゴツゴツと嫌なアタリがあり、回収するとハリが3本切られた。

1色付近でピンギスヒット

仕掛けを交換し2投目はさらに近い1色へ。波打ち際を探るとプルプルッと本命らしきアタリでピンギスが釣れる。引き続き同距離を探るがアタるのはフグだけで1時間経過。

西湘サーフの投げキス釣りでピンギス8尾 釣果ムラ激しく場所選びに苦戦釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・諸伏健一郎)

下げ潮になると海面に動きがあり、自分の右手側がザワついてきたので、そこを狙って投入を繰り返すと、1色~チカライトの範囲で、ピンギスがフグ交じりでポツポツ。

周囲を見ると、魚が釣れているのは、川を挟んで対岸の釣り人と自分だけ。ほかの場所は厳しいようだ。さらに2時間続けたが、状況はあまり変わらず同級同魚。

次のページでキス釣りは情報戦?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。