スロージギングで50cm級の良型マハタ続々 スマガツオ連発タイムも

スロージギングで50cm級の良型マハタ続々 スマガツオ連発タイムも

ハイシーズンを迎えた御前崎沖のスロージギングでは、おいしい底物から青物まで多彩な魚との出会いがある。第八共栄丸を取材したのでレポートする。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

第八共栄丸でスロージギング

10月23日、静岡県・御前崎港から第八共栄丸に乗船、30分ほど走って水深50m台のポイントに到着。午前6時半にゲーム開始となった。

当日の主な乗船者は、愛知の細尾さんら一行で、メンバーのうち、ビギナーのスロージギングの練習も兼ねた仲間内での大会とのことだ。

スロージギングで50cm級の良型マハタ続々 スマガツオ連発タイムも乗船した第八共栄丸(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

早々に50cmマハタ登場

開始後まもなく、左舷胴の間にいた村上さんにヒット。上がったのは50cmほどのマハタ。美味な高級魚の登場に船上が盛り上がった。

スロージギングで50cm級の良型マハタ続々 スマガツオ連発タイムも村上さんがナイスなマハタを手中(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

このあと、30cmほどのアヤメカサゴやウッカリカサゴが追加されたあと、今度は青山さんにヒット。重量感のある引きに期待が高まる。上がったのは再びマハタ。

スロージギング初体験の青山さん、オフショアならではの魚に歓喜していた。

スロージギングで50cm級の良型マハタ続々 スマガツオ連発タイムも初チャレンジの青山さんがマハタをゲット(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

マスガツオの群れに遭遇

朝マヅメがひと段落したところで船は少し移動、引き続き岩礁地帯を流していく。

ここではまず、スマガツオがヒット。サイズこそ45cmほどだったが、本ガツオ以上に珍重されるおいしい魚だ。

スロージギングで50cm級の良型マハタ続々 スマガツオ連発タイムもスマガツオの群れに遭遇した(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

回遊魚の登場に、各自中層まで探り始めた矢先、大ドモの人にビッグヒット。猛烈な勢いでスプールが逆転する。魚の姿が見えるところまで寄せたが、ここで惜しくもリーダーブレイク。正体は大きなカマスサワラ。

そのスピードとパワーには定評があり、海外では人気のゲームフィッシュ。太公望の文豪、アーネスト・ヘミングウェイも愛した魚だ。

スロージギングで50cm級の良型マハタ続々 スマガツオ連発タイムもカサゴもでかい(撮影:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページで黒潮の使者カマスサワラが浮上

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。