湾奥アジングでおかず釣り 型はイマイチも2日間で16匹と健闘

湾奥アジングでおかず釣り 型はイマイチも2日間で16匹と健闘

最近ちょっとハマっているのが、三重県四日市市は四日市港のアジ。数が出る訳でも型が狙える訳でもないが、近場で手軽に狙える魅力は捨てがたい。その中から今回は、10月9日と11日の釣行をレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でアジング

まずは9日。午後7時半に到着すると、週末だけあって釣り人の姿が目立つ。ちょうど仲間がサオを出していたので、その隣に釣り座を構えた。

湾奥アジングでおかず釣り 型はイマイチも2日間で16匹と健闘タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

仲間の話では、2人で5匹と苦戦中らしい。ヒットレンジはボトム周辺に集中しているため、ジグヘッドは1.5gをセット。キャストしたらフリーで着底させ、あとは超スローでボトムをなめるように誘っていく。

粘って待望の本命アタリ

すると早々にアタリは出るものの、ヒットには至らない。そんな状況が3投ほど続いた後、ピタッとアタリが途絶えてしまった。潮汐表を見るとちょうど潮止まり。これは厳しそうだ。

やがて、周りの釣り人が1人、また1人と帰り始める。先行の仲間も見切りを付けて移動してしまった。気づけば釣り場には私1人。とはいえ、このままでは帰れない。

下げ潮が効き始めれば状況も上向くだろう。1時間ほど粘ってみると予想的中。連発とまではいかないが、ポツポツとアタリが出始めた。あとは釣るだけなのだが、食いが浅いのか、フッキングが決まらない。アベレージは15cm級だが、豆アジを狙っているような錯覚すら覚えるレベルだ。

20cm級良型キス登場

ここから2時間ほど粘って9匹のアジを確保。ツ抜けを目標に執念で探ると、ようやくの10匹目。少し型がいいのか鋭い引きを見せてくれる。

ところが水面に姿を見せたのは、まさかのキス。20cm超の良型だが、これはさすがにノーカウントだ。すでに潮位は下がり、アタリも散発になってきた。そろそろ諦めるべきなのか。

湾奥アジングでおかず釣り 型はイマイチも2日間で16匹と健闘まさかのキス登場(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

そう思いながら粘っていると、ようやく本当の10匹目。アベレージサイズながらうれしい1匹だ。念願のツ抜けを果たしたところで11時に終了。今回はかなりの持久戦となってしまった。

次のページで再釣行の模様をお届け!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。