「人工エサ」だけでワカサギ釣りに挑戦 虫エサ不使用でも釣りになる?

「人工エサ」だけでワカサギ釣りに挑戦 虫エサ不使用でも釣りになる?

秋~冬の人気ターゲット・ワカサギ。代表的なエサは紅サシと白サシだが、この〝ウニウニ〟と動く虫エサが苦手という人は少なくない。そこで今回は、マルキユー・フィールドスタッフの井上聡さんが人工エサ「ハイパー紅雪」を使って実釣。どこまで活きエサに迫れるのか取材してきた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

相模湖でワカサギ釣り

10月20日(水)、相模湖の貸しボート店・天狗岩案内所から6時30分に出艇。15隻が連なり引き舟で、「前日400尾釣れた」という上流域の上野原エリアへ。神奈川から山梨へ、ボートで越県するところが面白い。

ポイント到着後、店主が魚探を見ながらアンカー打ちを手伝ってくれる。水深は8m。

使用したタックルは、レイクマスターCT-ET、ミチイトPEライン0.25号、仕掛けは時短ワカサギと渋りワカサギの1号と1.5号、オモリは7~9g。

人工エサ「ハイパー紅雪」で挑戦

装餌は、「ハイパー紅雪 紅 ソフト」をメインに、アクセントとして中間に「ハイパー紅雪 グリーン ソフト」を付ける。

「相模湖は赤サシのほうが食いがいいと聞いていたので、この色を中心に使いました」と井上さん。さらに、「一般的に水がきれいな釣り場は赤サシがいい」と話す。

エサの大きさは、より吸い込みをよくするため、ハリを中心に両端をカット。丁寧なエサ付けも釣果アップに必要な作業。虫エサほどの交換頻度は必要ないが、それでも数尾釣ったら新しいエサに交換することを勧める。

「人工エサ」だけでワカサギ釣りに挑戦 虫エサ不使用でも釣りになる?ハイパー紅雪の使い方(提供:マルキユー)

上流域は数・中流域は型

最初に入ったポイントは、日の差す場所は群れの移動が速く、山蔭のほうに反応が集中。小移動すると数はまずまず釣れたが型が今ひとつ。

「人工エサ」だけでワカサギ釣りに挑戦 虫エサ不使用でも釣りになる?上流は小型ながら数釣れた(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

10時30分、店主の提案で〝同湖らしい〟良型狙いに変更。中流域まで戻ることにした。

水深約10mで再開。すると、1投目から10cm超の良型が明確なアタリでヒット。短いサイクルで魚が舟下に入ってくる。

「人工エサ」だけでワカサギ釣りに挑戦 虫エサ不使用でも釣りになる?中流域では良型(撮影:TSURINEWS編集部・佐藤理)

当日は「紅」に軍配

ここで、右の仕掛けはオール「紅 ソフト」、左はすべて「白 ソフト」を試してみると、やはり右手の仕掛けに軍配。ダブルもあり、1尾また1尾と数を追加していく。

なかには12cmを超える大型が竿を絞っていく。

次のページで当日のヒットパターンを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。