虫エサ苦手な方必見 味と匂いがついた「ワーム」で楽しむハゼ釣りキホン

虫エサ苦手な方必見 味と匂いがついた「ワーム」で楽しむハゼ釣りキホン

秋の釣り物の一つハゼは、エサやプラグ、ワームなど動くものに好奇心旺盛に反応する魚で、主に河口域で釣ることのできる好ターゲットだ。今回は様々な選択肢の中からワームでの釣りについて紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター川島浩平)

川島浩平

エコギアプロスタッフ。ロックフィッシュ、メバル、渓流ルアーフィッシングを楽しんでいます。釣り以外の趣味はキャンプと相撲観戦!岩手県在住。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ワームでハゼ釣り

ハゼは、河口域の河川敷など安全な場所で狙えるため、釣り初心者でも挑戦しやすいターゲットであるが、ハゼ釣りといえば、青イソメなどの虫エサ使用が一般的だ。虫エサに慣れていない釣り初心者にとって、最初の壁となるのが、虫エサとの出会いだろう。

ハゼ釣りのジャンルとして、今人気のハードルアーを使ったハゼクラがあるが、ルアーフィッシングの経験がない方には、ハードルが高いのではないか。そこで、エサ釣りの道具や感覚で始めることができる、ワームの釣りに挑戦してみよう!

虫エサ苦手な方必見 味と匂いがついた「ワーム」で楽しむハゼ釣りキホンワームでハゼ釣り(提供:TSURINEWSライター川島浩平)

味と匂いがついたワーム

今回紹介するのは、単なるワームではなく味と匂いのついた、エサとルアーのハイブリッド的なワーム。

虫エサ苦手な方必見 味と匂いがついた「ワーム」で楽しむハゼ釣りキホン味と匂いのついたワームを使用(提供:TSURINEWSライター川島浩平)

パワーイソメ

パワーイソメは、生分解性素材で作られ、本物のイソメの約6倍の旨味成分を配合!一度食いつけば、食い込みのよさは言わずもがな。見た目もイソメそっくりでブラーとの相性も抜群、オススメなワームだ。

熟成アクア

続けて、筆者の一押しワーム。「ルアーとエサの融合」というコンセプトの下、更にエサに近い位置づけでエコギア開発陣が集魚&摂餌性能の本質を追求し、研究室での分析、フィールドでのトライ&エラーを繰り返し導き出されたひとつの答えが、天然素材が本来持ち合わせている旨み成分を酵素の力で引き出す「熟成」という手法を利用した、最もエサに近いソフトルアーと言える「熟成アクア」。

数ある「熟成アクア」シリーズの中で、ハゼをターゲットにした場合に使いやすいのは、活アジストレートだ。細長く、スリットが多く入ったデザインは、食い込んだ際に口の中で素直に折れ曲がり、魚の食い込みもよく、ハリ掛かりも良好だ。

効果的な使い方

ワームの釣りというと、ジグヘッドリグやテキサスリグが思い浮かぶだろう。しかし、先述したように、ハゼは好奇心旺盛なターゲットであるため、ブラーやスプーンなどヒラヒラとフォールするもので興味を惹かせることが効果的だ。

アクション方法としては、ブラーに熟成アクアをセットし、大きめにリフトしてからフリーフォールさせ、着底後はステイでアタリを待つ。この繰り返しだ。

虫エサ苦手な方必見 味と匂いがついた「ワーム」で楽しむハゼ釣りキホンブラーを使ってアピール(提供:TSURINEWSライター川島浩平)

次のページではハゼワーミングのタックルを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。