陸っぱりライトゲーム入門好機到来 釣り場ラン&ガンで12魚種キャッチ

陸っぱりライトゲーム入門好機到来 釣り場ラン&ガンで12魚種キャッチ

秋めいてきた9月下旬、学生時代からの友人であり、釣り友達であるK氏とそろそろ和歌山の河口ライトゲームが楽しくなるのではと意気投合、ちょっと調査がてら行ってみることになった。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

福岡崇史

1985年生まれの会社員。釣り好きが高じて大学・大学院で生物地理を研究。アジングやライトゲームが得意。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「ラン&ガン」ライトゲーム

9月26日(日)天気は晴れ時々曇りで時折小雨もまじるローライトコンディションで釣りには最適な天気となった。昼過ぎからの釣行であり、15時前に干潮、20時過ぎに満潮を迎える中潮であった。

釣行場所は、以前からの実績を振り返ってみた結果、和歌山県湯浅町周辺から由良町のエリアにかけてラン&ガンスタイルで魚を探していくことにした。

当日の状況とタックル

昼前に私の自宅にK氏が到着し、一路ポイントへ車を走らせる。最初のポイントに選んだ湯浅周辺は小規模であるが3本ほど河川が湾内に流入しており、どの河川の河口も魚種の豊富さは有名である。最初に入ったのは船揚げのスロープが絡むシャローエリアのポイント。

タックル

私はメバル用に使用している6.4ftのロッドにC2000番のヴァンキッシュにPEライン0.5号とリーダーにフロロ1.2号、K氏は8ftのライトゲームロッドにPEライン0.4号、リーダー2号のちょっと大物でも対応可能なロッドで、プラグを中心にしたゲームを組み立てていく算段だ。

ポッパーでメッキ登場

二人とも波止際から係留船周りやロープなどのストラクチャー周辺にプラグをキャストしていく。途中でメッキやキビレといった魚のチェイスもあるものの、今一つバイトまで至らない。

K氏はスロープ周辺のカケアガリに向けてポッパーをキャストする作戦に移行していた。しばらくするとちょっと離れた所にいる私まで聞こえる程のガボッという捕食音が聞こえた。K氏のロッドが弧を描きドラグが鳴っているではないか!仕留めたのはナイスサイズのロウニンアジのメッキであった。

自作ジグヘッドで挑戦

私もトップにかえて水面直下を探るもヒットはなく、頼みの綱のジグヘッドとワームにチェンジして攻めてみることにした。ジグヘッドは自作のタングステン製0.6gに1.2inchのピンテールタイプのものを選んだ。

カラーは水の色に合わせて薄いグリーン系にラメ入りのものや薄い水色にシルバーのラメが入ったものをローテーションすることにした。両方ともに紫外線に反応するケイムラが入っていることがキーで、曇り空であっても紫外線に反応してしっかりシルエットを出すことができる。

ヒラメやカマスなどヒット

スロープより少し深めの砂地の場所で動きのチェックをしていたら、いきなりひったくられた!少しドラグを出されたが難なくキャッチ出来たのはソゲサイズの可愛いヒラメ。小さくても獰猛なファイターだ。

陸っぱりライトゲーム入門好機到来 釣り場ラン&ガンで12魚種キャッチジグヘッドにヒラメとカマス(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

すぐリリースして今度はスロープ一帯に移動。水深1mまでのエリアを手早くサーチすると、スロープ脇の構築物からメッキやカマスの幼魚、ニセクロホシフエダイが飛び出してきて次々とルアーにアタックして来て楽しませてくれた。

陸っぱりライトゲーム入門好機到来 釣り場ラン&ガンで12魚種キャッチニセクロホシフエダイにメッキ(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

次のページでは別河川へ移動して魚種追加!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。