落とし込み釣りでヒラマサ痛快 3連発の秘訣は仕掛けの号数ダウン?

落とし込み釣りでヒラマサ痛快 3連発の秘訣は仕掛けの号数ダウン?

下関漁港から出船する和福丸で落とし込み釣りを楽しんだ。食いの渋い青物に口を使わすため、号数落とした仕掛けで釣友がヒラマサを3連発させた釣行をリポートしたい。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山本高史)

山本高史

響灘を中心にホットな情報をお送りして、皆様の釣りライフに少しでも、お役に立ちたいと思っております。これからは、自分がやった事の無い釣りにも挑戦していこうと思います。よろしくお願いします。

×閉じる

船釣り エサ釣り

和福丸で落とし込み釣り

10月9日、中潮。下関漁港から出船する遊漁船・和福丸にお世話になり、落とし込み釣りに出かけた。

船宿には5時前に到着。途中、釣り仲間をピックアップするため、5時半出船の予定を15分早め出船となった。予定通り釣り仲間の、植田さん、飯森さん、千田さんをピックアップし、4人+船長の藤瀬船長と一路釣り場へ。釣り場までは約50分の航程だ。

落とし込み釣りでヒラマサ痛快 3連発の秘訣は仕掛けの号数ダウン?夜明けの港を出船(提供:TSURINEWSライター山本高史)

午前6時半、釣り場に到着。釣り座は、右舷船首から、飯森さん、千田さん、船長、左舷船首は、植田さん、そして私山本。各自ロッド、リール、仕掛けを準備。6時40分には各自準備完了し、釣り開始。

今日はベイトの反応がすこぶるよく、すぐにエサが付くだろうとのこと。私の釣り仲間である3人は、落とし込み釣りが初めてということもあり心配したが、3人ともすぐにこの釣りに慣れて、ベテランの領域に。

ファーストヒットはサワラ

ベイトの付きがいいので、私も早速仕掛けを海中へ投入!前週の撃沈した状況から一転、ここ最近にないベイトの付きようで、すぐに仕掛けにイワシが付いた様子。小刻みに竿が揺れる。

が、ここで大きな前アタリが発生。一気にサオが弧を描くように曲がりった。やり取りをして上がってきたのは、サワラだ!今までサワラを釣ったことがなかったので、船中1匹目のしかも初魚に興奮した。

当日のタックル

さて、各自の仕掛けを紹介しておく。

私は、以前使用していた、アルファタックルではなく、今回は、船長からこれ使ってみ!と手渡された、ゼニスの6:4の落とし込みとフォースマスター3000、PEライン6号にリーダは20号のフロロカーボン。仕掛けは、ミチイト18号、エダス18号、ハリスは、13号イサキ強靭バリを使用したもの。

千田さんは、サオがゴウイン、リールはシーボーグ500 にPEライン5号、リーダーはフロロ18号。仕掛けは18号の仕掛けを使用していたが、16号にチェンジし(イワシの乗りが悪かったので、チェンジ)後にこれが吉と出る。植田さんと飯森さんは、レンタルタックルのため不明。

ヒラマサが連発

次に竿を曲げたのは、右舷側の飯森さん。ベイトに食いつくと一気に根まで潜ろうとする。ラインの出かたからして、間違いないヒラマサだ。やり取りをしながら上げたのは、80cm級のヒラマサだった。飯森さんは、ジギングではヒラマサとファイトしたことがあるとのことだったが、落とし込みでは初めて。かなりのファイトに感動したようだった。

続いて私が同じ80cm級を上げ、立て続けに私の隣の植田さんが70cm級を上げる。そして、ヒラマサを釣る間にはアコウやウッカリカサゴなど、お土産を釣り上げた。

落とし込み釣りでヒラマサ痛快 3連発の秘訣は仕掛けの号数ダウン?飯森さんにヒラマサ(提供:TSURINEWSライター山本高史)

次のページで釣友がヒラマサ3連発

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。