イカダでのエギングで連発劇 アオリイカとコウイカ合わせて10匹手中

イカダでのエギングで連発劇 アオリイカとコウイカ合わせて10匹手中

三重県・南伊勢町の迫間浦の宝成渡船のイカダへエギングに出かけた。午前中だけの釣りだったが、2人でアオリイカ9匹とコウイカ1匹を手中にした釣行をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

イカダでアオリ狙いのエギング

10月5日、三重県・南伊勢町の迫間浦の宝成渡船のイカダへ、釣友とアオリイカのエギングに出かけた。今年の迫間浦のイカダは全体的にアオリイカが好調のようで、9月中旬から好釣果が上がっているらしい。

イカダでのエギングで連発劇 アオリイカとコウイカ合わせて10匹手中タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

当日の状況

午前5時に宝成渡船に到着。早速釣り支度を済ませて、5時20分に羽根船長にあいさつして乗船する。前日に800gのアオリが釣れたとのことで、そのサイズを目標にイカダに乗った。

イカダでのエギングで連発劇 アオリイカとコウイカ合わせて10匹手中使用したエギ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

日が上がるまでの30分が勝負。まだ薄暗いなかロッドのガイドにラインを通して、まずはラグゼエヴォリッジ3号ベーシックのオレンジマーブルでスタートする。水面ではベイトのトウゴロウイワシがパシャパシャしている。雰囲気は満点だ。

2投目から怒涛のアオリ3連発

岸側の浅場に向けてフルキャストし、ボトムまでエヴォリッジを沈めて激しく2回シャクってフォールでアタリを待つ。1投目は反応なし。2投目、何度かシャクった後のエギのフォール中にコンッ、グーッとアタリ。「ヨッシャー!」とアワせると、グーングーンとアオリイカの引きが伝わってくる。釣り上げるとまずまずのサイズで、400g級のアオリイカだ。

まだチャンスの時間帯なので、すぐに3投目をキャストして底まで沈めてシャクると、すでにエギを抱いていたようだ。少し小型のコロッケサイズのアオリイカ。これはリリースして4投目、何回かシャクってフォールを繰り返すとアタリがありヒット。これも400gほどのアオリイカだ。

イカダでのエギングで連発劇 アオリイカとコウイカ合わせて10匹手中朝から連チャン(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

「マジ~!今日は爆釣やん!」と思ったが、ここで日が完全に昇ってまぶしくなり暑くなってきた。それと同時にアオリイカの反応が止まり、時合い終了。やっぱりそんな簡単に爆釣とはいきませんね(笑)。

イカダの真下がポイント?

しばらく反応がなく時間だけが過ぎていくが、隣の釣友にアタリがありコウイカを釣り上げた。釣友が、明るくなったことでイカダのロープや影に隠れていると言うので、イカダの真下にエギを沈めてみるとすぐにヒット。アオリイカを釣り上げていた。

イカダでのエギングで連発劇 アオリイカとコウイカ合わせて10匹手中ラインの動きに集中(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

まだいるかもと、同じパターンでイカダの真下にエギを沈めて誘うと連続ヒット。これも同型のアオリイカだ。

イカダでのエギングで連発劇 アオリイカとコウイカ合わせて10匹手中釣友にはコウイカもヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

その後は反応なく我慢の時間が続く。アタリはたまにあるが乗らないので、エヴォリッジのサイズを2.5号のケイムラアジに替え、底付近をネチネチと攻めてみた。すると久しぶりにアタリ。少しサイズダウンのアオリイカが釣れた。渋い時間帯は、エギのサイズダウンも有効のようだ。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。