船ハゼ釣りが関東エリアで本番 伝統的な手バネ竿を使って粋に楽しもう

船ハゼ釣りが関東エリアで本番 伝統的な手バネ竿を使って粋に楽しもう

夏に浅場で釣れ盛ったハゼは、少しずつ成長し、やや深場へ落ちていく。これを効率的に狙えるのが船のハゼ釣り。そんな、注目の釣りの釣況や基本的な釣り方を紹介する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

関東近郊ハゼ釣況

広大な干潟を持つ木更津一帯は好釣り場。同地木更津桜井の雄士丸はこの時期ハゼ狙いで出船。船長は地元ならではの釣り場も多数把握しているので心強い。

東京門前仲町の深川冨士見では、木更津沖に加え、深川周辺の運河などを状況に合わせて狙う。通常の乗合船に加え、土日祝は半日船もある。

船ハゼ釣りが関東エリアで本番 伝統的な手バネ竿を使って粋に楽しもう9月25日の釣果(提供:富士見)

ハゼ釣りタックル

狙う釣り場の水深は深くても5m前後なので、リールを使って投げて探ってもいいが、手返しの点では、竿上げと同時に取り込みが完了する「ハネコミ」が妙味の手バネに軍配が上がる。

船ハゼ釣りが関東エリアで本番 伝統的な手バネ竿を使って粋に楽しもうハゼタックル(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

2本竿を巧みに操作し、流れるような取り込みと誘いのベテランの所作は美しい。

仕掛けはシンプルなものでいい。ただし、せっかく夏場から成長した10cm超えを狙うので、ハリは夏よりも大きめがいい。リール竿を使って幅広く探るのであればシロギスなどが掛かることもあるので汎用性の高い袖バリを使うのも手だ。

手バネの場合は狙う時期や水深に合わせて長さの異なる竿を使い分ける。そのため様々な道具を買いそろえていく楽しさがある。

便利なアイテム

複数本の竿を使用する時には船べりに設置できる竿掛けを用意。また、オケに魚が溜まったらチャック付きビニール袋に入れてクーラーへ入れるといい。

船ハゼ釣りが関東エリアで本番 伝統的な手バネ竿を使って粋に楽しもう道具にこだわるのも面白い(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

次のページでは手バネの釣り方を解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。