河川でのルアー釣りでシーバス&ナマズ 海水魚も淡水魚もまとめて手中

河川でのルアー釣りでシーバス&ナマズ 海水魚も淡水魚もまとめて手中

愛知県清須市を流れる新川へ、ルアーゲームに出かけた。都心部を流れる一見変哲もない水路のような川で、海水魚のシーバスと淡水魚のナマズが同時にキャッチした。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

新川でルアーゲーム

9月上旬、愛知県清須市を流れる新川へ。この日はあいにくの小雨が振る天候となった。現地に到着したのは、午後9時ごろ。ルアーは雨が強くなる前に魚の様子をチェックするために、S・P・M55のチャートヘッドグローカラーのシンキングペンシルをセレクトした。

河川でのルアー釣りでシーバス&ナマズ 海水魚も淡水魚もまとめて手中筆者のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

大潮回りの下げ潮が効いているタイミングで、最初にエントリーしたのは、県道126号の新川橋西より上流の水門周りだ。雨の影響で水門から排水されており、水の動きができていた。水門より下流側に立ち、ルアーを護岸と並行にアップにキャストし、着水後スローのタダ巻きで探る。

水門周りで50cmシーバス

すると排水手前の辺りで、コツという感覚があった。次はカウント3ほど沈めて引いてくると、狙い通りにヒット。排水の流れに乗って、ラインを出していく。開始わずか2投目の出来事に驚きながらも、ファーストランをしのぐ。魚が水面で何度もジャンプを繰り返す。良型のシーバスだ。

少し寄せるとまた一気にドラグを鳴らして、ラインを出してジャンプを繰り返す。ファイトが長引くとバラしそうなので、魚が寄ってきたタイミングでランディング。50cmオーバーのシーバスだ。思わずガッツポーズ。

河川でのルアー釣りでシーバス&ナマズ 海水魚も淡水魚もまとめて手中50cmオーバーのシーバス(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

ジグヘッドリグでセイゴ

この1匹でかなり満足し、このまま終了とも思ったが、雨も本降りではなく、もしかするとシーバスの活性が高く追加できるのではと思い続行。

しかしその後は反応なく、熟成アクア活メバルミノー1.6inのパールシラス夜光カラーと、デルタマジックSVー51の2.5gの組み合わせにチェンジ。下流へと移動しながら探ると、セイゴクラスをキャッチできた。

河川でのルアー釣りでシーバス&ナマズ 海水魚も淡水魚もまとめて手中ジグヘッドリグではセイゴも(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

次のページではナマズがヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。