投げハゼ釣りで連掛け頻発「数釣り」堪能 好ゲストに21cmキス登場

投げハゼ釣りで連掛け頻発「数釣り」堪能 好ゲストに21cmキス登場

近場の福岡・行橋市の長峡川と今川の河口でハゼが絶好調。投げ釣りで、ハゼ、キス、セイゴほか多彩な釣果となった釣行をレポートします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

行橋の河口で投げ釣り

曇りときどき小雨の9月上旬に長峡川と今川の河口(福岡県行橋市)へ行きました。

投げハゼ釣りで連掛け頻発「数釣り」堪能 好ゲストに21cmキス登場ポイント周辺略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

当日の仕掛け

まずは蓑島西部漁港でタックルを準備してそれぞれのハリに砂ゴカイを1匹掛けします。この時、エサつけしやすい投げ釣りパウダーをまぶしてつけました。

投げハゼ釣りで連掛け頻発「数釣り」堪能 好ゲストに21cmキス登場投げ釣り仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

一投目からハゼヒット

フルスイングして船道を釣ります。2色半(1色=25m)投げて少し間を空けてから引き釣りします。すぐにアタリがありました。そのまま1色ラインまで引いて抜き上げると、12cmのハゼとメイタが釣れていました。ハゼはキープしてメイタ10cmはリリースです。

2回目も同じように船道を探ります。ゆっくりリールを巻いていると、一番深いところでアタリ。そのまま我慢して3回目のアタリでリールを巻くとハゼとメゴチが釣れていました。

主人もサオを出してハゼをキープ。少し型がいい15cmです。私にロッドを絞り込むいいアタリ。でも20cmのエソでした。

長峡川河口で30cmセイゴ

次に長峡川河口へ移動。導流堤からフルスイング。当日は満潮が午前9時ごろなので今が一番釣りやすい時間です。

ハゼのアタリを感じて巻くと15cmの良型が釣れました。主人は川の中央まで投げて30cmほどのセイゴを釣りました。

投げハゼ釣りで連掛け頻発「数釣り」堪能 好ゲストに21cmキス登場ご主人にきたセイゴ(提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

続けて攻めているとオモリが少し流されていく途中でサオ先が絞り込まれるアタリ。キスとメゴチのヒット。ここまでキスが上がってきているようで、このキスは21cmありました。

投げハゼ釣りで連掛け頻発「数釣り」堪能 好ゲストに21cmキス登場キス21cmとメゴチをダブル(提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

次はフグの2連、主人もメイタとフグで、それからはフグにヒイラギの入れ食いです。

次のページでは今川河口での釣りの模様をお届け

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。