今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・ビン沼】

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・ビン沼】

めっきり秋めいてきたが、まだまだ高活性な魚と遊べるのが埼玉県富士見市とさいたま市の境を流れるビン沼だ。今週のヘラブナ推薦釣り場として同地を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

ビン沼の概況

平日でも駐車スペース確保が困難なほどの人気を誇るのがビン沼だ。日本一とも称される集客数を誇りながらも、中~短竿でアタリがもらえる類いまれな魚影の濃さ。

さらに流れ川育ち特有のサイズに関わらない美ベラの強引が、釣り人の心をつかむ。適度な難易度もあるので、釣技を磨くにも最適。ゴミの持ち帰りなど、マナーは厳守して楽しもう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・ビン沼】周辺概況図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

人気の理由は明白。アタリがあってよく釣れて、それでいて車も近くに止められる。しかも入釣料が安い。さらに適度に難易度が高いので、釣技レベルを競えることも人気の理由だろう。

直近の釣況は、まだまだ夏の延長で宙釣りに分があるが、水深が浅いエリアなら底釣りも面白い。このまま順調に水温が低下すれば、さらに底釣りエリアも広がるだろう

ポイント

上流部から順に人気ポイントをおさえておこう。

どんぐり山

トトロの木のような大きなどんぐりの木が目印。近くに公衆トイレもある。ビン沼のほとんどが斜め護岸だが、ここは階段型。対岸の野地エリアは、この時期は入釣者がほとんどいない。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・ビン沼】左岸のどんぐり山(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

瓶沼橋下流・右岸

同橋から約100m下流の用水路周辺が人気。

砂塚橋上流・左岸

墓場下と呼ばれるビン沼では急深エリア。また川幅がもっとも狭く流れがつきやすいが、高活性の魚が着いている。

砂塚橋下流・右岸

老人ホーム前~水門が人気。対岸を含めビン沼でもっとも入釣者数が多い。それだけエサ打ちされているので、居着きの魚が多い。

係留船(左岸)周辺

直近ではもっとも良型が上がっているエリア。ここから50mほど下流側は水深が浅く、この時期は底釣りの1級ポイント。

釣り方とエサ

高水温期はほぼ宙釣り一択だったが、秋本番をを迎える今後は底釣りも選択肢に入る。良型狙いなら宙、型を問わず数釣りを楽しみたいなら底釣りが面白い。

底釣り

懸念材料は根掛かりだ。一般的な回避方法は竿替え・釣り台の横移動だが、それでも根掛かるならポイント移動しかない。流されて根掛かるならドボン釣りもありだが、やや釣趣に欠ける。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・ビン沼】底釣り・タックル図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

エサは両ダンゴを主体に、アタリが遅いようならグルテンセットを試してみよう。ハリ付けは小エサが基本。タナは下バリトントン。

宙釣り

竿8~13尺、タナは50cm~1mが主流だが、アタリが少なければ底ちょい切りも試す。エサは両ダンゴ。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・ビン沼】宙釣り・タックル図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

ジャミもいるので硬めのタッチが基本。そこから徐じょに軟らかくしたいが、絶対条件は深ナジミ。さらに軟タッチでも、そのままナジミ幅をキープしなとアタリは出づらい。よってハリの大きさがキモ。バラサなら6号前後が主体だが、持たないなら8号でもいい。

鬼門は流れ。無風でも流れは発生するので、ウキは管理釣り場での同タナ狙いよりも大きめ(浮力がある)を使いたい。また打ち返しのテンポも大切。触りがあっても落とさないなら、待たずに次のエサを入れたほうが釣果に結びつく。

なおハリス長は30cm前後が主流だが、食いが悪いときは40-50cm前後にして落ち込みを狙うといい時もある。この場合、ウキはムク系のほうが小さいアタリを取りやすいので使いやすい。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
ビン沼川
入釣料:¥400(現場徴収)。釣り台必携。
問い合わせ:ビン沼釣具 TEL=049(253)1489
この記事は『週刊へらニュース』2021年10月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。