堤防アジングゲームで20cm頭に2ケタ釣果 飛ばしウキ仕掛けで連発

堤防アジングゲームで20cm頭に2ケタ釣果 飛ばしウキ仕掛けで連発

熊本県天草市の鬼池港でアジングを楽しんだ。飛ばしウキを使った仕掛けで狙い、下げ潮が効きだすと連発。20cm級を2ケタキャッチした釣行をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鬼池港でアジング

9月6日、「シーバス行こうかな。いやアジ行こう!」ということで、天草市鬼池港へ。シーバスでも良かったが、最近は一番期待できる下げ潮では小サバが水面を覆いつくすほどいて、さすのシーバスも出てこない。「上げの潮は方向的にルアー動かないしな、アジだな!」。

堤防アジングゲームで20cm頭に2ケタ釣果 飛ばしウキ仕掛けで連発タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 日髙隆行)

午後8時、熊本県天草市鬼池港に着きエギングロッドを取り出してラインをカットし、リーダーを組む。PEライン0.6号にリーダー2号を結び、また電車結びで1.5号を結ぶ。リーダーは2種類ともに40cmずつ。ジグヘッドは0.4~1.2gとし、ワームはクリアボディーに赤ラメやオレンジラメ入りを使用。

1投目から20cm級本命

まずはオレンジラメでジグヘッドは1.2g、遠投してゆっくり巻いてくる。時折ロッドを動かしてやるが激しくせず、チョンと動かした時に飛ばしウキの重さを感じる程度で十分。

50~60m先にリグはあるが、確実にワームへのアクションは伝わっており、アクション後にバイトが多発する。またFGノットのあまりのリーダーに飛ばしウキを着けているため、アタリは明確!ジグ単でのアタリ並みにロッドに直接伝わるのでアワセミスも少ない。

「ココンッ!」「お~1投目から!」「ジッジッジッ」「アジングはドラグ緩め」ごぼう抜きしたのは20cmのアジ!「久々に見たな、サンキュー!!」「お、潮効いてきたな!ドリフトしてみるか」

ヒラセイゴも登場し2ケタ達成

潮上にキャストし、ゆ~っくりゆるんだラインを巻き取っていくと「ゴッゴッン!」「お~!これは!」「ジッジー!」ファイト中にジャンプ!「面白い!」「ジッジー!」足元まで寄せてごぼう抜きしたのはヒラセイゴ!

堤防アジングゲームで20cm頭に2ケタ釣果 飛ばしウキ仕掛けで連発潮が効き出すとヒラセイゴも反応(提供:週刊つりニュース西部版 日髙隆行)

写真を撮り次を狙うがちょうど潮止まり。「大潮だからすぐ動きだすかな?」思った通りすぐに下げの方向に動きだし、ここでワームをオレンジラメから赤ラメに変更。ジグヘッドも0.4gまで落とし、ドラグもさらに緩くして引いてくると

「ジッジー!」「引ったくって行った~!」「ゆっくりゆっくり慌てない」足元まで寄せてごぼう抜きしたのはアジ!それもカラーとジグヘッドの重さを変えたのが良かったのか、フックの掛かり具合も申し分ない「いいね」。

その後、下げ潮の効果もあり早くも2ケタ釣果を達成したが、サイズは20cm止まりなので終わりにした。

<週刊つりニュース西部版 日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鬼池港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。