日本海で幻の魚『アラ』釣り堪能 船中トップは8尾と今期の好調を実感

日本海で幻の魚『アラ』釣り堪能 船中トップは8尾と今期の好調を実感

京都府宮津から出船する遊漁船情報にて、今年は潮が合えば「幻の魚アラ!」が好釣果との情報をキャッチ。早速にタックルを準備し釣行してきたので、その模様をリポートします。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山本良次)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

筆者にも2kg級アラ登場

私も期待を込めてベタ底を丁寧に探ると、ついに私のサオにもアタリが!焦らずにサオが引き込まれるまで待ってからしっかりとアワセを入れました。フッキング成功です!ここからは慎重に水深200mをバレないようにゆっくりと巻き上げます。

しかし残念、40cmオーバーのソウハチカレイが上がってきました。これはこれでおいしい魚のですが……やはり残念!なにせ今日の本命は「幻の魚アラ」です。しかしいい潮がきているので、まだ諦めずにスグに大きめのヒイカを下バリに付け直して仕掛けを投げ入れます。

その10分後くらいだったでしょうか……、一気にサオが入り込むアタリがやってきました。一呼吸おいて一気にサオをシャクリ上げてアワセを入れると、マダイの三段引きのような下にたたくような大きなアタリが!スグに電動で一気に巻き上げて、魚が岩礁帯へ潜り込むのを防ぎます。5mほど巻き上げさえすれば、あとは電動スピードを緩めてバレないように慎重に巻き上げ、とうとう本命のアラの海面浮上です!

ホッとしたと言うか……嬉しさのあまりにタモの準備ができておらず、隣人にお願いし慎重にタモ入れしてもらい、ついに「幻の魚アラ」をゲットです!大きさは約60cm弱(約2kg)の中型ですが、嬉しさのあまりに次の仕掛け投入を忘れて生態観察と写真撮影に集中してしまいました。このことで大切な時合いを逃したのは言うまでもありません。

日本海で幻の魚『アラ』釣り堪能 船中トップは8尾と今期の好調を実感本命のアラをキャッチ(提供:TSURINEWSライター山本良次)

最終釣果

しかしその後には落ち着いて釣果を重ねて、結果は「アラ」の30cm~60cmを3本とゲストでは30~40cmのソウハチカレイを2匹とタヌキメバルにオキメバルでした。今回の釣行は私としては納得の釣果となりました。また船中(7人)ではアラは17匹と年間通しても滅多にないような大爆釣でした。因みにサオ頭はアラを8匹も釣ってました。

日本海で幻の魚『アラ』釣り堪能 船中トップは8尾と今期の好調を実感私の釣果(提供:TSURINEWSライター山本良次)

反省点と今後の展望

今後に向けての反省点ですが、少し大きめ(胴長10cm)のヒイカの確保と、一番下バリのチューンナップですね。ハリスが短いと冷凍イカですので動きがぎこちなくなるので、少し長めがいいかもしれません。また一番下バリには確実にフッキングさせるために孫バリを付けることをお勧めします。

この他に重要なことといえば、日本海では波のうねりが常に発生するので必ずサオは手で持ちで、底取りを正確に行うことも釣果アップには大切だと思いました。アラは冬の間は深場へ移動するために釣ることはできません。釣れる季節は春先から晩秋にかけてです。この期間は浅場(70~200m)に移動してくることから、少し先の寒くなるシーズンまではまだまだ釣れそうですね。

<山本良次/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
新幸丸
出船場所:養老漁港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。