大阪南港にてタチウオゲーム 本命不発も『ワインド』釣法でサバ祭りに

大阪南港にてタチウオゲーム 本命不発も『ワインド』釣法でサバ祭りに

大阪南港でタチウオが連発しているとの情報を仕入れた。そこで今季初のタチウオワインドへ。シルバーウィーク三連休初日の釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

当日は大潮初日、満月回り。夕方5時半~8時まで。風は私が立った場所から斜め右に結構強く吹いてくるが、7~11gの重さのワインドリグを使うので、そこまで気にならない。風に意識がいってレンジ管理を怠らないように注意しながら釣った。

タックルはバスロッド71MLにスピニングリール2500番PEライン0.4号。リーダー12lbで先イト30lbを20cm張った。主には7gのワインドリグを使っていく。

ショアで足場もよく、高さもそれほどない釣り場なので、これくらいのタックルでなんとかなる。ショートロッドの分キャストのアキュラシーと、細イトの分飛距離がバランスよく稼げてサーチ効率が高く、自分的には気に入っている設定である。

大阪南港にてタチウオゲーム 本命不発も『ワインド』釣法でサバ祭りに着いて早々メタルでカサゴ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

タチウオ音沙汰なし

結論から言うとタチウオは無。仕入れた情報の通り、やはり朝マヅメなのか?大潮に乗って沖へ出て行った可能性もある。そもそもスタートとして9月中盤というのは、大阪南港では早い方なのだ。実際今はやはり泉南、紀北あたりの釣果がいいらしい(ただそれもまばらという話)。

ショアでは時間を絞りきれない難しさはタチウオにはつきものだ。回遊が本当にド深夜のこともあるし、日中にボイルすることもあるという。私はあまり群れを追いかけないようにしようと思う。南港の夕マヅメの回遊待ちをしている方が、こちらの釣りの性分に合う。

サバがワインドに大反応

何か釣れた。ワインドで、しかしアタリは小さく引きもそこまで強くない。と思ったらサバだった。前のトレブルフックにも、後ろのトレーラーフックにもアタってきて、おそらくリアクションバイト。

大阪南港にてタチウオゲーム 本命不発も『ワインド』釣法でサバ祭りにタチウオワインドでサバ連発(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ただ巻きにもアタったが乗せ切れなかったので、フォールかジャークの誘いでスイッチが入るのだろう。午後7時までの時間に、サバ8匹が食ってくる。

サバはこの春からずっと大阪南港に入ってアジンガーの私を翻弄していたヤツだが、こんなワインドみたいな大ぶりな仕掛けに食ってくるとは。しかも、ガッシリしたハリで掛けている分、外れない。中型くらいになってくると、もしかするとアジングよりもこういう釣り方のほうがいいかもしれない…と次のゲームでのSLSJ(スーパーライトショアジギング)に頭を働かせる。

次のページではアジング釣法でサバ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。