落とし込み釣りで大型青物乱舞 メーター級ヒラマサにブリにカンパチも

落とし込み釣りで大型青物乱舞 メーター級ヒラマサにブリにカンパチも

福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)で玄界灘の落とし込みに釣行した。ヒラマサにブリに良型青物乱舞の釣行をお届け。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸で落とし込み

8月29日午前5時前、神湊港に船が来て、釣具を積んで釣座が決まるとすぐに出船。玄界灘に出てみるとウネリもなくポイントに進む。

落とし込み釣りで大型青物乱舞 メーター級ヒラマサにブリにカンパチもタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

ポイントには1時間で着き、周囲も明るくなりだした。私は早めに仕掛けを作り、船長に仕掛けは何号を使ったらいいかを尋ねたところ、「青物が大きいので16号から使うように」と言われた。ポイントの水深は78mだ。

この船には探見丸システムが搭載されており、それがなければベイトがどの位置にいるか分からない。また海底の起伏や状況もよく分かるので、仕掛けを海底の根に掛けることも少ない。

ヒラマサ7kg級頭に登場

朝のうちはベイトが海底近くにいて、私は右舷ミヨシで釣っていたのだが、船尾では青物をよく掛けていた。潮が変わるとベイトが浮きだし、「ミヨシでも釣れだしますよ」と言われて、私は右舷機関場に移動して釣り始めた。その前に右舷胴の間で釣っていた佐田さんは、ベイトもよく付いてヒラマサ7~4kg級を立て続けに掛けていた。

落とし込み釣りで大型青物乱舞 メーター級ヒラマサにブリにカンパチもヒラマサ7kg級を上げた(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

釣座を変わって釣り始めるとすぐにベイトが仕掛けに付き、待つまでもなくサオ先が海面に突き刺さるアタリがでた。引きが強く、リールからミチイトを引きだしながら上がってきたのはヒラマサ7kg級だった。

落とし込み釣りで大型青物乱舞 メーター級ヒラマサにブリにカンパチも97cm手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

青物続々浮上

右舷船尾の古賀さんは快調に青物(ヒラマサ、ハマチ)を1投ごとに掛け、型は4~6kg級を取り込んでいました。植野さんと山中さんの様子は、私の場所から見えないので、古賀さんに釣れたら教えてほしいとお願いをした。

落とし込み釣りで大型青物乱舞 メーター級ヒラマサにブリにカンパチもカンパチもヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

植野さんから聞くと「仕掛けは20号を使ったがベイトはよく掛かった」と言われた。左舷ミヨシで釣っていた田上さんは、朝のうちにヒラマサ4kg級を掛け、長尾さんは探見丸を持っておらずベイトを掛けるのに苦戦していたがヒラマサとカンパチを掛けていた。

落とし込み釣りで大型青物乱舞 メーター級ヒラマサにブリにカンパチもベイトはオモリより小さかった(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

なお、ポイントによってはイワシの大きさが違い10~13cmのイワシがハリ掛かりしてもサオ先は震えない。その10cm前後のイワシもひと潮ごとに大きくなってくると思われる。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。