陸っぱりマゴチゲームで40cm級登場 カケアガリでスイミングにヒット

陸っぱりマゴチゲームで40cm級登場 カケアガリでスイミングにヒット

8月末、三重県四日市市の霞ケ浦ふ頭までマゴチを狙って出かけてみた。24日は不発に終わったが、26日には40cm級が釣れ、シーズンが近いことを確認できた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

霞ケ浦ふ頭でマゴチゲーム

夏も終わりに近づくと、気になってくるのがベイエリアのマゴチ。定番ポイントのサーフとは少し時間差があるようで、これから晩秋までがベストシーズンとなる。まだ少し早いかなと思いながら、8月24日の夜に三重県四日市市の霞ケ浦ふ頭まで出かけてみた。

現地に到着したのは午後7時半。先行していた仲間の伊藤APCは、マイクロサイズのセイゴに悩まされているようだ。まずは2.5gのジグヘッドにサンドワーム2inchをセットし、キビレも視野に入れてズル引きで探ってみることにした。

着底後、ボトムの感触を確かめながらゆっくり巻いてくると、途中で妙な重量感。ヤバいと思った時には、もう手遅れだった。その直後、根掛かりのようなアイツが走りだす。PEライン0.4号のライトタックル。これは長期戦になりそうだ。

初日はアカエイとセイゴ

魚を浮かせるためサオのバット部までしっかり曲げ、底に張りつかれないよう慎重にファイト。10分ほどで足元まで寄ってきた相手は、予想以上の大物だ。

ライトに照らされたのは直径60cm超のアカエイ。軽く10kgは超えているだろう。あいにくタモは持ち合わせていなかったが、あっても枠には入らない。潮位が高く水際まで降りられないので、ギリギリまで寄せてラインを切った。

陸っぱりマゴチゲームで40cm級登場 カケアガリでスイミングにヒット初日は一発目から巨大なアカエイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

26日もセイゴの嵐

その後も本命は姿を見せることなく、小セイゴの猛攻で終了。さすがに悔しいので、2日後の26日も同じポイントに足を運んだ。

7時半にスタートすると、この日も早々から15cmにも満たないセイゴの嵐。

陸っぱりマゴチゲームで40cm級登場 カケアガリでスイミングにヒットチビセイゴの猛攻に悩まされた(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページで本命マゴチがヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。