関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門 代表的な4つの釣り方とは?

関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門 代表的な4つの釣り方とは?

釣りブームに乗っかって、この秋タチウオ釣りを始めたいと考えている方も多いのでは?ここでは波止タチウオの代表的な釣り方を紹介する。ぜひ釣りの特徴を理解し、好みの釣法を発見しよう。

関西のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

タチウオってどんな魚

これから初冬にかけて大阪湾の波止の浅場に接岸し、われわれ釣り人を大いに楽しませてくれる魚が、タチウオだ。幽霊魚と呼ばれるだけに、群れが回ってくるといきなり釣れ盛り、しばらく釣れ盛ったと思えば、突然釣れなくなったりする。1日で様相がごろりとかわることもある魚である。

また、ベイトとなるイワシなどの小魚の動きにかなり翻弄され、ベイトがいなくなればタチウオは釣れなくなる。例年大阪湾の波止周りにベイトの回遊があるのが9月以降で、そのころからタチウオが安定して釣れ始める。ベイトを追って大阪湾に入ってきたタチウオの群れは、日中は深場に潜み、日が暮れるころから波止周りのベイトを求めて回遊してくる。

そんなタチウオを狙い撃ちして釣り上げると、やる気ホルモンが体から出てきて、たちまちタチウオ釣りの虜になるだろう。ここでは波止からタチウオを狙う釣り方4種を紹介する。

関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門 代表的な4つの釣り方とは?秋がシーズンのタチウオ(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

ルアーで狙う釣り

最近は、タチウオをルアーで狙う釣り人が多くなっている。ルアーさえあれば、いつでもどこでも釣りができ、エサで手が汚れないなどのメリットもあり、初心者や女性でも、入門しやすい釣り方だ。

また、タチウオの時合いとなる、朝マヅメや夕マヅメの時間には、エサ釣りよりもルアー釣りが手返しがよく、多く釣れることもある。

ルアーでの狙い方は、ジグヘッド+ワームを使ったワインドと、メタルジグなどをを使ったショアジギングなどがある。

1、ワインド釣法

ワインド釣法は、ロッドをシャクりながらリールを巻いて引いてくることで、ルアーに不規則な左右へのダートアクションを起こさせる。その動きでタチウオの捕食スイッチを入れて、リアクションバイトを誘い出す釣り方だ。

メリットは、必要なアイテムが少なく手軽で、探るタナを簡単にかえることができるので、ころころ変わるタチウオの泳層にアジャストしやすい点だろう。一方、ダートアクションをさせるには多少練習が必要なのと、朝夕のマヅメを外すと釣りにくいのはデメリットだ。

2、ショアジギング

ショアジギングとは、メタルジグをショア(岸)から投げて魚を釣る釣り方だ。20~40gほどのメタルジグを使うので、ワインドよりも体力がいるが、遠方に飛ばせるので、より広範囲を探ることができ、タチウオにアピールできる。また、遠方のポイントを探れるので、日中に、沖合いの底にいるタチウオが釣れる時がある。

メリットは、ワインド同様必要な道具が少なく手軽な点と、飛距離が稼げる点、広いタナをスピーディーに探れる点。デメリットはレンジコントロールが難しい点とワインドよりアタリが少ない点が挙げられる。

なお、ルアーで狙う際は、明るいうちは遠方を探れるショアジギングで攻め、時合いがくるとワインドで狙うのが効果的だろう。

関西エリア「陸っぱりタチウオ」超入門 代表的な4つの釣り方とは?タチウオ釣りで使用するアイテム(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

次のページでエサを使う2釣法を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。