SLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩

SLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩

豊富なターゲットがそろう御前崎沖のスーパーライトジギング&鯛ラバ。8月24日(火)、静岡の御前崎の波丸から、当地の釣りを取材した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

波丸でSLJ&タイラバ

5時すぎに出船。まずは水深40mほどのポイントを探っていく。使用したジグや鯛ラバのはウェイト80~100g。

開始直後からアカヤガラやホウキハタ、イサキなどが顔を見せ、鯛ラバでは本命のマダイも上がった。

SLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩ヤガラ登場(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

夏の高級魚メイチ顔見せ

その後、船は御前崎の東側沿岸にある浅い岩礁帯25mラインに移動。マダイのほか、メイチやハタ類などを狙った。この場所で使用するジグは40~60g。鯛ラバは60~100gを、潮や船が流れる流速に合わせて使い分けていく。

SLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩夏の美味魚メイチ(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

浅場のライトゲームとはいえ、お手ごろサイズのクエや大型のキジハタなどがヒットするため気が抜けない。

SLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩楽しんでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

ここでもポツポツとヒットが続き、鯛ラバで食べごろサイズのマダイや、夏が旬の高級魚メイチがロッドを曲げた。しかし、普段なら次々に顔を見せるはずのオオモンハタやアカハタなど、ハタ系の魚が食傷気味だ。

50cm級キジハタ浮上

しばらく沈黙が続くなか、これを打破したのが川島さん。鯛ラバロッドを大きく曲げ、50cm近いキジハタをキャッチした。

SLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩良型キジハタ浮上(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

土産がそろってきたところで、後半は再び沖へ出てサイズアップを狙うことになった。

次のページでヒメダイ&カツオ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。